小樽文学館 口口 西日珈琲 口口

新聞記事拾い読み

f0151359_10195880.jpgこの度、小樽文学館叢書第三巻「明治・大正、小樽のできごと 新聞記事拾い読み」が発売されました!著者は、企画展や講演会等で文学館と関わりの深い渡辺真吾さんです。そして、表紙とさし絵は高山美香さん。
“命懸けの汽車旅行”や“美人菌の発見!?” “電話番号奪い合い!”など読み応えたっぷりの203ページ(A5版)となっております。本気なのか嘘なのか、んなアホなーと突っ込みどころ満載です。昔の新聞って(真面目なちゃんとした記事がほとんどでしょうが)誇張しすぎてたり、どこか抜けてたり、ほんわかしていると言いますか、おもしろいですね。
小樽文学館で購入すると、表紙イラストの非売品「ポストカード(3枚セット)」をプレゼントします。100冊限定です。今ならまだありますよ。早い者勝ちです。

「明治・大正、小樽のできごと 新聞記事拾い読み」1,290円(税込)
通信販売でも取り扱っています。送料は1冊180円、2冊350円…。


また、関連して講演会を行います。「新聞記事拾い読み」の中で取り上げた内容を詳しく紹介するとともに、むかしの新聞記事のおもしろさについてお話していただきます。

小樽文学館叢書第三巻発刊記念講演会「新聞記事拾い読み~おもしろいむかしの新聞」
日時:2015年9月20日(日) 午後2時~3時30分
講 師:渡辺真吾氏(フリーライター)
ゲスト:高山美香氏(イラストレーター)
場 所:文学館1階研修室
定 員:50名、聴講無料
事前申込みは文学館に直接か、電話0134-32-2388までお願いします。
絶対楽しい講演会になると思います。


[ 鈴ぽん ]
[PR]
by otabun-otoyotoyo | 2015-09-12 12:30 | 鈴ぽん