小樽文学館 口口 西日珈琲 口口

コンサート「パリ・ミュゼットの世界」

明日です!

コンサート「パリ・ミュゼットの世界」
2017年7月1日(土) 午後2時~3時

日本唯一のミュゼット音楽研究チーム「バル・ミュゼット楽団 ラ・ゾーヌ」による演奏をお楽しみください。
文学館企画展「浜和幸写真展『パリ・カフェのある風景』」の会場で行いますので、入館料がかかります。というか、300円で聴けるのだからかなりお得ですよね。

※「パリ・ミュゼット」とは、20世紀初頭にパリの下町で流行したアコーディオン、バンジョー、ピアノ、キャブレット(ふいご式バグパイプ)などによる大衆音楽のことで、当時のパリ庶民は、軽快でありながら哀愁を帯びたこの音楽が流れるガンゲットやバル(ダンス酒場)で、踊り、語らい、そして酒を酌み交わしました。これらの酒場は「バル・ミュゼット」と呼ばれました。


[ 鈴ぽん、明日から7月だということをすっかり抜けていました。 ]
[PR]
by otabun-otoyotoyo | 2017-06-30 14:00 | 鈴ぽん