小樽文学館 口口 西日珈琲 口口

カテゴリ:鈴ぽん( 320 )

ミニ古本市in小樽中央市場

12月9日(金)・10日(土)の二日間、小樽中央市場にて「文学館古本市」を特別出店させていただくことになりました!今回は都合上、小規模で量も少な目なので“ミニ古本市”ですが、文庫本を中心に取り揃えていますのでご満足していただけるのではないでしょうか。1冊50円です。

お近くにお寄りの際は是非のぞいてみてください。


[ 鈴ぽん ]
[PR]
by otabun-otoyotoyo | 2016-12-09 12:03 | 鈴ぽん

ちまちま百合子さん

f0151359_1314573.jpg

大野百合子のちまちま人形(高山美香さん作)の着物と帯には、姉妹の名である草花が描かれています。ぜひ会場で、実物をぐるりと眺め、ご確認ください。7種類あなたは見つけられるか!

今回、大野百合子を初めて知った方が多く、でも皆さんその詩に感動して帰られます。それこそ心にしあわせがポッという感じです。世間ではあまり知られていないような方でも、このように素晴らしい方は大勢います。その方々を紹介するのは文学館として大事な役目ですね。誰かの心の琴線には触れるはずですもの。

企画展「大野百合子展」は今週末までです。ちなみに、大野百合子遺稿詩集「雪はただ白く降りて」好評発売中。

このあとの展覧会は企画展「暮らしと文学<あのころの小樽>展2 貸本屋・古本屋・図書館」、2月には企画展「サカナクション・山口一郎氏の本箱」と続いていきますので、こちらも乞うご期待!


[ 鈴ぽん ]
[PR]
by otabun-otoyotoyo | 2016-12-06 12:26 | 鈴ぽん

季節感覚

健康診断オールAとういう好成績を残しても、年々寒さに弱くなっていっている気がします。体の冷たさが年齢というものをひしひしと感じさせますね。足先が冷たい。

11月に函館やら留萌やら増毛やら滝川やらと行っていたら、季節感覚がおかしい。
さっきまで雪がなかったのに、北へ少し行くとあっと言う間に雪景色。同じ北海道なのにー。でっかいどー。
雪は肉体的にも精神的にもぐいぐい来るのね。雪景色は構える気持ちも違う。

2、3日後にはクリスマスで、あと1週間で年越しね、くらいの気持ちです。


[ 鈴ぽん ]
[PR]
by otabun-otoyotoyo | 2016-11-30 11:56 | 鈴ぽん

鈴ぽん3分クッキング

ちゃんちゃかちゃかちゃかちゃんちゃんちゃーん♪

材料(5~10人分)
・牛乳パック 20本程
 ※中身はご自分で消費してください。
・調味料 なし

1.まず牛乳パックを約7cm角に切ります。あとで皮を剥がす量が少な目が良い方は大きめでもよいです。
2.大きな鍋でぐつぐつとじっくり煮込みます。
f0151359_23281234.jpg

コトコト・・・
               コトコト・・・  ぐつぐつ・・・

3.中までお湯がしみ込んだら取り出し、軽く水気を取ります。
4.少し冷めたところで表面の薄い皮を剥がします。
5.出来上がり。

以上、美術館で行ったワークショップ「牛乳パックでハガキを作ろう」の準備でしたー。

f0151359_1591925.jpg

これが→こう。急いで作ったのでへたっぴ。


牛乳。飲んできた種類は数知れず。
牛乳が好き過ぎて「文学と牛乳展―私の愛した乳牛たち」をやりたい位です。


[ 鈴ぽん ]
[PR]
by otabun-otoyotoyo | 2016-11-26 12:08 | 鈴ぽん

大野百合子を知ろう!

野球もサッカーも詳しくないけれど、地元が勝つというのは嬉しいものです。

今週の土曜日(26日)に、ちまちま人形でお馴染みのイラストレーター、高山美香さんをお招きして、亀井学芸員と楽しいトークイベントを行います。その名も、講座とトーク「大野百合子を知ろう!」です。時間は午後2時~。場所は文学館展示室内ですので、入館料(一般300円)がかかります。
お時間のある方は是非お越しいただいて、世間ではあまり知られていない大野百合子のあんな話やこんな話を聞ける大チャンス。あなたもきっとファンになるはず。


[ 鈴ぽん ]

怒らないから、DM置き場にあったハート型の石そっと戻してほしいです。いただいてから一か月も経っていない・・・。
[PR]
by otabun-otoyotoyo | 2016-11-22 11:46 | 鈴ぽん

シャレオツ

f0151359_2235158.jpg

大野百合子(写真左・右の女性)と家族写真です。姉妹の服は百合子さんお手製で、姉妹で微妙にデザインを変えています。
お洒落です。
なんてったって百合子さんは大正15(1926)年に18歳で小樽洋服裁縫女学院を創立したすごい人です。『婦人公論』昭和7年1月号附録の「全国新時代女性総覧」198名にも選ばれています。最近の朝ドラ、職業婦人でございます。

姉妹の名前も全員植物にちなんだ名前。
お洒落です。


[ 鈴ぽん ]
[PR]
by otabun-otoyotoyo | 2016-11-19 16:42 | 鈴ぽん

折角なので

スーパームーンを掴んでみた。

f0151359_1452525.jpg



[ 鈴ぽん ]
[PR]
by otabun-otoyotoyo | 2016-11-15 12:18 | 鈴ぽん

和式か洋式か

昨日はトイレの日だったらしく、洋式化じゃーとニュースになっていましたが、私は家以外では和式が良い派なので、全て洋式にされてしまうと辛いものがあります。ただ、年齢を重ねると洋式が良いのかなとも思うので、どちらもあるとやはり嬉しい。

そういえば、私が通っていた小学校はトイレットペーパーがトイレに設置されていなかったのぉ。トイレの度に教室にある四角い大きな紙を数枚持っていく方式でした。最初は度肝を抜きましたが、トイレに行くことは全く恥ずかしいことではなかったのでそれ以降は何も気にしていませんでしたが、今の時代だったら洋式和式以前のことですね。トイレ自体も確か男女入口一緒と変わっていましたが、天井が高く、記憶に残るほど素敵なトイレでした。

f0151359_1502625.jpg


文学館2階のトイレもやっぱり素敵。

1階の洋式トイレの便座は温かくないのでお気を付けください。
たまに個室から悲鳴が聞こえます。


[ 鈴ぽん、ポッキー食べたい ]
[PR]
by otabun-otoyotoyo | 2016-11-11 17:25 | 鈴ぽん

元気な訳だ

古本コーナーで例会しているおじい様方。話している口調は一貫して変わらないが、ちょいちょい話が逸れていく。
「最近の若いもんは7割は相手がいないんだと。」(こりゃけしからんって言われるのかな)
「・・・何で俺らは結婚したんだろうか」(お、一気に楽しい方向へ!)
そこから馴れ初め、でもすぐ例会の本題に戻って、ちょっとしたらまた逸れて。話が尽きない。
定期的に外で集まって、仲間と話して、意見交換して、楽しそう。

これからも、ところどころ聞こえてしまうその話に私は癒されます。


[ 鈴ぽん ]
[PR]
by otabun-otoyotoyo | 2016-11-05 15:11 | 鈴ぽん

『ガロ』販売中at古本市

f0151359_21393513.jpg

昨日他課から譲り受けた回転式書棚がいい感じに古本市で活躍中です。グッドタイミング。この先も色々なことに使えそうです。

天候が悪いですが、古本市も文学館も美術館も賑わっております。
『ガロ』はまだ残っていますよ。早い者勝ちです。

文化の日無料ですので、この機会に文学館、美術館へ気軽にお越しください。楽しいですよ~。


[ 鈴ぽん ]
[PR]
by otabun-otoyotoyo | 2016-11-03 12:20 | 鈴ぽん