小樽文学館 口口 西日珈琲 口口

<   2015年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

楢喜八さんと作品を観ながらSF・ミステリを語る会

文学館企画展「学校の怪談とSF・ミステリのある風景 楢喜八原画展」に関連してイベントを行います。

「楢喜八さんと作品を観ながらSF・ミステリを語る会」
日 時:7月2日(木)、3日(金)両日とも午後4時~午後5時
場 所:「学校の怪談とSF・ミステリのある風景 楢喜八原画展」会場
入館料:一般300円、高校生・市内在住の70歳以上150円、中学生以下無料
事前申込みは不要です。

さらに!画集購入者にはサイン会があります!!
楢喜八画集『楢喜八の仕事 学校の怪談とSF・ミステリのある風景』
A5縦、62P、フルカラー、2,160円(税込)

電話/ファクス:0134-32-2388又はメールotarubun@otarubungakusha.comでも販売しております。価格・送料を記載した郵便振込用紙を同封して画集をお送りします。

ちなみに、同じ建物内で開催している美術館特別展「小樽運河・いまむかし」は7月5日(日)までなので、2日と3日の「楢さんと語る会」に来られる方は共通券を買ってみるのもおすすめです。

[ 鈴ぽん ]
[PR]
by otabun-otoyotoyo | 2015-06-27 12:25 | 鈴ぽん

ガラス絵の具

f0151359_2346178.jpg
可愛くしようと思ったのに、何か、文字の感じがー。
あっ!雰囲気的にこっちにぴったり。
f0151359_23593841.jpg

f0151359_1147595.jpg


[ 鈴ぽん、めでたくぎっくり腰治る ]
[PR]
by otabun-otoyotoyo | 2015-06-26 11:59 | 鈴ぽん

怪談は怖いが階段もこわい(方言)

さてさて、文学館では先週土曜日から「楢喜八展」が始まりました。60年代から現在までの作品約370点と、掲載図書など関連資料を一堂に展示しています。長い経歴と常に新しい感覚で、幅広い年代に好まれる挿絵画家・楢喜八の、北海道初の本格的作品展です!私には『学校の怪談』の絵、という印象が強いです。

企画展「学校の怪談とSF・ミステリのある風景 楢喜八原画展」
会期:2015年6月6日(土)~8月2日(日)
休館日:月曜日(7月20日を除く)、7月21日(火)、22日(水)
入館料:一般300円、高校生・市内高齢者150円、中学生以下無料
f0151359_046426.jpg


とりあえず只今絶賛ぎっくり腰中!の鈴ぽんですが、何をやるにも不便。階段上るのもイタタ、下りるのもイタタ、リソをかけるのにもイタタ、精神的にもアイタタ。普段、体のどこを使って過ごしているのか痛いほどわかる。いや、痛いからわかる。何十年後かにこういう痛み、違和感が日常的に襲ってくるのだろうか。やってられんわぁ。老人の理不尽な怒りもほんの少しだけわかる気がした。そうならないためにもストレッチで体ほぐそッ。でも今は安静。

[ 鈴ぽん ]
[PR]
by otabun-otoyotoyo | 2015-06-11 13:12 | 鈴ぽん

はりぽた

中学生が2階のホールで「ハリーポッターみたい!」と連呼していたので「?」と思っていたら、この建物内の雰囲気を言っていたようです。そうか、階段や2階トイレもそう思えばそれっぽい。テレビで毎週ハリポタやっている影響でしょうが、そういった見方や豊かな感性は忘れず大事にしなきゃね。
まぁ、魔法は使えませんが、文学館にはドラゴンいます。
f0151359_0134060.jpg

うちの看板ドラゴン。基本的に古本コーナーでくつろいでいます。
そして魔法学校ではありませんが、次の企画展では学校の教室を再現しました。
いい感じに怖さがプラスされています。

[ 鈴ぽん ]
[PR]
by otabun-otoyotoyo | 2015-06-05 12:08 | 鈴ぽん