小樽文学館 口口 西日珈琲 口口

<   2016年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

展示作業中

f0151359_23521795.jpg
f0151359_23524738.jpg

目の前に『ガロ』があるものだから、うっかり手に取りパラパラと・・・パラパラと・・・・・・しばらく楽しんでしまうところでした。危ない危ない。

何冊かは展覧会期間中読めるみたいです。
入り浸ってしまいそうですね。大歓迎。


[ 鈴ぽん ]
[PR]
by otabun-otoyotoyo | 2016-08-31 12:01 | 鈴ぽん

コスプレ撮影inアニパ

f0151359_16382012.jpg

今日明日は小樽アニメパーティー。
文学館ではカフェコーナーでアニメイラスト展(8/27~9/11まで)を開催しています。入場無料。
ちらほらコスプレイヤーさんも文学館に来てくれていますね。古本コーナーも撮影にどうでしょうか。
あと、入館料がかかりますが、文学館展示室も雰囲気の良い撮影ができると思うんだけどナー。

文学館は撮影にもおすすめですよ!
(撮影の際は、他のお客様へのご配慮お願いいたします)


[ 鈴ぽん ]
[PR]
by otabun-otoyotoyo | 2016-08-27 15:50 | 鈴ぽん

しあわせの書生原稿

f0151359_16285330.jpg

泡坂妻夫専用の原稿用紙。実物を小樽で見られるのは28日(日)までです。
思い立ったら小樽文学館へ!


[ 鈴ぽん ]
[PR]
by otabun-otoyotoyo | 2016-08-26 09:54 | 鈴ぽん

乱れからくり迷路

f0151359_0104155.jpg
話のキーとなる石の椅子もちゃんとあります!
この迷路、好評(鈴ぽん調べ)で嬉しい限りです。

ただし、泡坂妻夫展は8月28日(日)までですので、楽しめるのは今週末までです。

次は「ガロ展」。



[ 鈴ぽん、人生の迷路に迷い中 ]
[PR]
by otabun-otoyotoyo | 2016-08-24 11:49 | 鈴ぽん

暮しの手帖

f0151359_20282092.jpg
市民の方から『暮しの手帖』をいただきました。今話題のとと姉ちゃん!
早速カフェコーナーに置きました。主に第2世紀のものが揃っています。

年代が違うのに何故号数が同じものがあるんだ?と疑問に思い調べると、「発行号数は100号ごとに「第n世紀」と区分されているが、これは初代編集長・花森の「100号ごとに初心に立ち返る」という意味合いが込められている。(Wikipediaより)」らしいです。現在は第4世紀。いただいた雑誌の表紙はその花森安治が描いています。すてきだー。

しばらくは暮しの手帖コーナーとして置いてありますので、いつでもご自由にご覧ください。

[ 鈴ぽん ]

[PR]
by otabun-otoyotoyo | 2016-08-19 16:55 | 鈴ぽん

色内広場の2016夏

f0151359_20492678.jpg
劇団どくんご「愛より速く」。
色々な世界が次から次へと展開され不思議な感覚に。
小屋を飛び出し、手宮線にいた人までも巻き込む。
劇場が無限に広がる。
初めての体験。

劇団どくんご様、ありがとうございました。


[ 鈴ぽん ]
[PR]
by otabun-otoyotoyo | 2016-08-16 12:08 | 鈴ぽん

愛より速く

f0151359_36743.jpg

劇団どくんご。ただ今、色内広場にてテント劇場設営中。
14日(日)・15日(月)と小樽公演です。

[ 鈴ぽん ]
[PR]
by otabun-otoyotoyo | 2016-08-13 13:36 | 鈴ぽん

撮影禁止から一転

f0151359_2591263.jpg
「泡坂妻夫展」は写真撮影O.K.になりました。
ばしばし撮って宣伝してください。

展示紹介→
出版した作品の一部を並べたコーナー。
この棚とガラスの間は私のお尻にピッタリサイズらしく、展示作業中お尻が何回もはまって大変な記憶が残っております。
はい、どうでも良いエピソードでした。



[ 鈴ぽん ]
[PR]
by otabun-otoyotoyo | 2016-08-11 09:00 | 鈴ぽん

木とひものパズルを作ろう

山の日に文学館では、全く山とは関係ありませんが、ワークショップ「木とひものパズルを作ろう」を行います。
電動糸のこ盤を使って好きな形に切った木の板に、ひもと輪っかを取り付けてパズルを作ります。パズルと言っても、ひもに通されて取ることができない輪っかを左右に移動させるちょっとした手品みたいなことができます。知恵の輪みたいなもの?私も1時間ほど悩みに悩み続け、紐を多少ボロボロにしながら移動できましたが、どんなものかやっぱりうまく説明できないので実際に作りませんか?まだまだ参加者募集しています。夏休みの自由研究にも良いですが、大人の方も是非どうぞ。大人になって電動糸のこを使えるチャンスはなかなかありませんよ。

日時:8月11日(木、祝) 午後1時30分~午後3時
場所:色内広場(雨天の場合ミーティングルーム)
定員:20名(小学3年生以下は保護者同伴)
材料費:300円
予約/問合わせ:0134-32-2388


まだまだ人気なポケモンGO。道端でスマホをいじっている人みんながポケゴーしているのではないかと思っちゃいますが、メールしていたり地図見ていたりしている人にとってはお気の毒です。
文学館にもポケモンいます。ただし、展示室内にポケモンがいる場合、人間は300円かかります。まいどー。
中学生以下は無料ですから、ちびっこカモン!


[ 鈴ぽん ]
[PR]
by otabun-otoyotoyo | 2016-08-10 12:41 | 鈴ぽん

トリック&マジック ミステリ作家・泡坂妻夫の不思議な夕べ

明後日の9日(火)に「泡坂妻夫展」関連のイベントがあります。
ミステリ作家をお招きしてのお話や北海道大学の奇術研究会の学生によるマジックなど楽しい内容となっております。ぜひお越しください!マジックの開演は午後6時からです。お子さんは保護者と来てね。

トリック&マジック ミステリ作家・泡坂妻夫の不思議な夕べ
f0151359_14502350.jpg日時:8月9日(火) 午後4時~7時
トーク:「紙上のマジック 泡坂妻夫・小説の秘密と魅力」 松本寛大 氏(ミステリ作家)
座談会:「泡坂妻夫よもやま話」 松本寛大氏、柄刀一氏(ミステリ作家)、櫻田智也氏(ミステリ作家)、田中正幸氏(豊島区立中央図書館)、厚川文美氏(泡坂妻夫次女)
創作マジック実演:「泡坂妻夫のマジックワールド」 北大奇術研究会

文学館展示室内で行いますので入館料がかかります。


[ 鈴ポン ]
[PR]
by otabun-otoyotoyo | 2016-08-07 12:57 | 鈴ぽん