小樽文学館 口口 西日珈琲 口口

<   2017年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

9月のお休み

f0151359_01435062.jpg
展示室の照明工事と展示替えのため9月中旬から下旬まで休館します。
長い間お休みして申し訳ございませんが、ご了承ください。

休館日:9月4日(月)、11日(月)~29日(金)

[PR]
by otabun-otoyotoyo | 2017-08-22 12:14 | 鈴ぽん

ハネムーンツアー

本日、文学館でイベントあります。

CD発売&結婚記念 ハネムーンツアー~夢の小樽編~
8月19日(土)開演 18:00(開場 17:30)
出演:笹口騒音ハーモニカ、円庭鈴子
入場無料、投げ銭歓迎。ハネムーンツアーというのも面白い。
幸せいっぱい吸い込んで、ご祝儀どしどしどうぞ!

[ 鈴ぽん ]


[PR]
by otabun-otoyotoyo | 2017-08-19 10:00 | 鈴ぽん

夏休み中だけど「冬休みの絵日記」

f0151359_01065741.jpg

石原慎太郎さんの稲穂国民学校(現・小樽市立稲穂小学校)時代の冬休みの絵日記。
何年生の時のかはわかりませんが上手!

「2日」はサボったのか、絵日記にするほどのことがなかったのか。




[ 鈴ぽん ]

[PR]
by otabun-otoyotoyo | 2017-08-16 12:09 | 鈴ぽん

写真乾板

f0151359_02244934.jpg
ポスター用のガラス乾板と写真。石原裕次郎記念館からお借りした大変貴重な資料です。記念館でもしばらく展示していなかったようなので、この機会にぜひ見ていただきたいです。


===============================================
企画展「石原慎太郎と裕次郎展 太陽の兄弟(ブラザーズ・オブ・ザ・サン)」
会期:2017年8月5日(土)~9月10日(日)
休館日:月曜日、15日(火)
入館料:一般300円、市内在住70歳以上150円、高校生150円、中学生以下無料
===============================================


企画展に関連した講演会が2つあります。

記念講演会「石原兄弟と映画・音楽」
「石原裕次郎とその時代」講師:青砥純氏(三角山放送局パーソナリティ)
「石原慎太郎と映画」講師:亀井志乃(小樽文学館学芸員)
日時:8月12日(土)午後2時~4時
場所:文学館1階研修室
聴講無料
石原慎太郎・裕次郎兄弟と彼らが活躍した時代について、主に映画や歌を通して振り返ります。

石原裕次郎の同級生による生トーク「そして、裕次郎さんに感謝」
日時:8月26日(土)午後2時~4時
講師:大石章氏、大島善明氏
場所:文学館企画展示室
要入館料
石原慎太郎・裕次郎兄弟をじかに知る方々が語る、貴重な石原兄弟の小樽時代の思い出!


懐かしいメロディーやあんな話、こんな話。皆さまどうぞお越しください。

[ 鈴ぽん ]


[PR]
by otabun-otoyotoyo | 2017-08-09 12:16 | 鈴ぽん

文学散歩「石原裕次郎記念館を訪ねて 慎太郎・裕次郎ゆかりの場所をめぐる」

f0151359_02245240.jpg


定員に達していないため、参加申込みまだ間に合います!!


日 時:2017年8月11日(金、祝)午前11時~4時
行き先:石原裕次郎記念館ほか、石原兄弟ゆかりの地を巡ります
参加費:1,500円(入館料、保険料)
集合場所:市立小樽文学館(小樽市色内1-9-5)
申込み:8月9日(水)までに、文学館(0134-32-2388)へお申込みください


企画展「石原新太郎と裕次郎展」を見学したあと、バスで市内を巡ります。そして文学散歩のメインである石原裕次郎記念館へ。閉館前にぜひ行ってほしいです。ご参加お待ちしております。


[ 鈴ぽん ]

[PR]
by otabun-otoyotoyo | 2017-08-05 10:00 | 鈴ぽん

劇団楽市楽座「小さなオバケたちの森」

f0151359_02250730.jpg
今年も色内広場に野外劇団が来てくださいました。
今回は劇団楽市楽座による公演「小さなオバケたちの森」です!8月4日(金)~6日(日)の3日間。すでに1日目は終了しましたが、たくさんの方が見にきていました。

開演は午後7時(開場 午後6時30分)。
360度野外円形劇場、全席自由席、入場無料、投げ銭スタイルで楽しそう!


←公演タイトルみたいな面白い写真が撮れた。
建物の中にいるのか、外にいるのか。

[ 鈴ぽん ]


[PR]
by otabun-otoyotoyo | 2017-08-05 08:57 | 鈴ぽん

山口さんちのサカナクション

f0151359_01474689.jpg
今回の企画展は、全国の若い方にも小樽文学館を知ってもらえる良い機会となりました。

これからも、この文学館が存続するためにも少しでも多くの方が訪れてくれますように。


[ 鈴ぽん ]

[PR]
by otabun-otoyotoyo | 2017-08-03 12:43 | 鈴ぽん