小樽文学館 口口 西日珈琲 口口

石炭モビール

f0151359_03031489.jpg

美術館のワークショップで「石炭モビール」を作りました。
釧路市立博物館からいただいた本物の石炭です。石炭は過去のものではなく、現在も我々の生活を根底から支えているのですよ。
と言っても、今の小樽には石炭は身近にはほぼなく、存在を知っていても実際に触ったことがない子が多かったので、貴重な経験になりました。
まぁ、このワークショップ実現までかなり紆余曲折、試行錯誤いたしまして。石炭のワークショップって検索してもなかなか出てこないのよね。かなり悩みました。
今回、初めてのワークショップ担当ということで、かーなーり!反省点がありますが、私にとっても大変勉強になる良い機会となりました。参加者及び協力していただいた皆さまありがとうございます。
あっ、石炭のモビール作りは全国初だと思うのだけど♪間違っていたらごめんなさい。


[ 鈴ぽん ]
モビールでいいことを思い付いた!(私の場合、どうでもいいことですがね)

[PR]
# by otabun-otoyotoyo | 2017-08-27 15:57 | 鈴ぽん

天狗山

f0151359_22591221.jpg
8月(夏)も終わりですが、最近の小樽は楽しげな野外イベントが多いなぁ。
ということで、天狗山「ノスタルジック夜景カフェ」に行ってきました。
ロープウェイで山頂へ。ミシュラン一つ星の夜景を見ながら、ケーキとコーヒーを頂く。いいものだね。
山頂来たからついでに、久し振りに天狗の館へ。ここはスキー学習の昼食休憩部屋への通り道。天狗のお面が並んだ部屋をきゃあきゃあ言いながら通った懐かしい場所です。まぁ、天狗だと騒いでたのは最初のうちだけで、次第に、あぁここねとクールに通り過ぎたお面を、今回初めてじっくり見ました。地域ごとに展示されているなんて知らなかった。懐かしさと楽しさできゃあきゃあ。おっと、初心に帰り過ぎました。

[ 鈴ぽん ]
[PR]
# by otabun-otoyotoyo | 2017-08-26 12:02 | 鈴ぽん

イラスト作品募集中

小樽アニメイラスト展が9月2日(土)~10日(日)の期間中、カフェコーナー(入場無料)で開催します。
この作品展は、小樽文学館の支援団体、小樽文學舎が主催し、小樽 ANIME PARTY 2017 実行委員会と連携して行うものです。そこで!日頃よりイラスト、アニメーション、マンガ等の制作に取り組んでいらっしゃる皆さまからの作品の提供をお願いしています。
締め切りは8月25日(金)までなのですが(…まぁ明日だな)、期日過ぎても8月中だったら直接文学館に相談していただければ、たぶん大丈夫!
ちなみに今年の「小樽 ANIME PARTY 2017 」は、9月2日(土)・3日(日)の開催です。

【参加資格】
アニメ・マンガ等に興味をお持ちの方で、御自身で作品を制作されている方であれば年齢は問いません。

【出品料】
無料

【出品期日】
作品は8月25日(金)までに小樽文学館へ直接お持ちいただくか、御送付くださいますようお願いします。出品応募フォームからも御応募できます。

【出展にあたり】
・出展数はお一人5点までとし、自主制作物であればA3サイズまで可能です。
・作品はデータ(jpg、jpeg、png、psd、ai)で送付いただくことも可能です。
・御応募の際は「名前、ペンネーム、住所、メールアドレス、電話番号、作品のタイトル・コメント」を添えてください。
・公序良俗に違反しない作品とします。
・観覧者が展示作品を撮影することは許可します。(関係者以外三脚ストロボ使用は不可)
・御出展いただいた作品を事情により展示できない場合もあります。
・御出展いただいたデータ以外の作品につきましては、展示期間終了後に御返却いたします。
・御不明な点がございましたら、小樽文学館 担当:玉川までお問い合わせください。

【申込み/お問い合わせ】
市立小樽文学館
住 所:小樽市色内1-9-5(日本銀行旧小樽支店金融資料館の向かい。手宮線のすぐ横。)
tel/fax:0134-32-2388
担当者:玉川(otarubun@otarubungakusha.com)


文アルのたきじさんやしげじさん、たくぼっくりさんの普通のイラストなんてどうかしら。フライングコラボ。
(コスプレ写真展ってのはダメなんだろうか?なんて勝手に思ってみる。)

とにもかくにも、切実にご応募お待ちしています。


[ 鈴ぽん ]

[PR]
# by otabun-otoyotoyo | 2017-08-24 12:11 | 鈴ぽん

9月のお休み

f0151359_01435062.jpg
展示室の照明工事と展示替えのため9月中旬から下旬まで休館します。
古本コーナー、カフェコーナーにも入れません。
長い間お休みして申し訳ございませんが、ご了承ください。

休館日:9月4日(月)、11日(月)~29日(金)

[PR]
# by otabun-otoyotoyo | 2017-08-22 12:14 | 鈴ぽん

ハネムーンツアー

本日、文学館でイベントあります。

CD発売&結婚記念 ハネムーンツアー~夢の小樽編~
8月19日(土)開演 18:00(開場 17:30)
出演:笹口騒音ハーモニカ、円庭鈴子
入場無料、投げ銭歓迎。ハネムーンツアーというのも面白い。
幸せいっぱい吸い込んで、ご祝儀どしどしどうぞ!

[ 鈴ぽん ]


[PR]
# by otabun-otoyotoyo | 2017-08-19 10:00 | 鈴ぽん

夏休み中だけど「冬休みの絵日記」

f0151359_01065741.jpg

石原慎太郎さんの稲穂国民学校(現・小樽市立稲穂小学校)時代の冬休みの絵日記。
何年生の時のかはわかりませんが上手!

「2日」はサボったのか、絵日記にするほどのことがなかったのか。




[ 鈴ぽん ]

[PR]
# by otabun-otoyotoyo | 2017-08-16 12:09 | 鈴ぽん

写真乾板

f0151359_02244934.jpg
ポスター用のガラス乾板と写真。石原裕次郎記念館からお借りした大変貴重な資料です。記念館でもしばらく展示していなかったようなので、この機会にぜひ見ていただきたいです。


===============================================
企画展「石原慎太郎と裕次郎展 太陽の兄弟(ブラザーズ・オブ・ザ・サン)」
会期:2017年8月5日(土)~9月10日(日)
休館日:月曜日、15日(火)
入館料:一般300円、市内在住70歳以上150円、高校生150円、中学生以下無料
===============================================


企画展に関連した講演会が2つあります。

記念講演会「石原兄弟と映画・音楽」
「石原裕次郎とその時代」講師:青砥純氏(三角山放送局パーソナリティ)
「石原慎太郎と映画」講師:亀井志乃(小樽文学館学芸員)
日時:8月12日(土)午後2時~4時
場所:文学館1階研修室
聴講無料
石原慎太郎・裕次郎兄弟と彼らが活躍した時代について、主に映画や歌を通して振り返ります。

石原裕次郎の同級生による生トーク「そして、裕次郎さんに感謝」
日時:8月26日(土)午後2時~4時
講師:大石章氏、大島善明氏
場所:文学館企画展示室
要入館料
石原慎太郎・裕次郎兄弟をじかに知る方々が語る、貴重な石原兄弟の小樽時代の思い出!


懐かしいメロディーやあんな話、こんな話。皆さまどうぞお越しください。

[ 鈴ぽん ]


[PR]
# by otabun-otoyotoyo | 2017-08-09 12:16 | 鈴ぽん

文学散歩「石原裕次郎記念館を訪ねて 慎太郎・裕次郎ゆかりの場所をめぐる」

f0151359_02245240.jpg


定員に達していないため、参加申込みまだ間に合います!!


日 時:2017年8月11日(金、祝)午前11時~4時
行き先:石原裕次郎記念館ほか、石原兄弟ゆかりの地を巡ります
参加費:1,500円(入館料、保険料)
集合場所:市立小樽文学館(小樽市色内1-9-5)
申込み:8月9日(水)までに、文学館(0134-32-2388)へお申込みください


企画展「石原新太郎と裕次郎展」を見学したあと、バスで市内を巡ります。そして文学散歩のメインである石原裕次郎記念館へ。閉館前にぜひ行ってほしいです。ご参加お待ちしております。


[ 鈴ぽん ]

[PR]
# by otabun-otoyotoyo | 2017-08-05 10:00 | 鈴ぽん

劇団楽市楽座「小さなオバケたちの森」

f0151359_02250730.jpg
今年も色内広場に野外劇団が来てくださいました。
今回は劇団楽市楽座による公演「小さなオバケたちの森」です!8月4日(金)~6日(日)の3日間。すでに1日目は終了しましたが、たくさんの方が見にきていました。

開演は午後7時(開場 午後6時30分)。
360度野外円形劇場、全席自由席、入場無料、投げ銭スタイルで楽しそう!


←公演タイトルみたいな面白い写真が撮れた。
建物の中にいるのか、外にいるのか。

[ 鈴ぽん ]


[PR]
# by otabun-otoyotoyo | 2017-08-05 08:57 | 鈴ぽん

お花

f0151359_23090124.jpg

給湯室に毎日綺麗な花を飾ってくれるから
心が和むね。
ちょっとしたことかもしれないけど
その積み重ねが幸せ。


[ 鈴ぽん ]

[PR]
# by otabun-otoyotoyo | 2017-08-04 12:12 | 鈴ぽん