小樽文学館 口口 西日珈琲 口口

日々増加

f0151359_04172.jpg

展示品が増えました。
食器とか写真とかお面とかメロスの家とか。
気づいたら増えているので、把握できていません。

リピーターお待ちしております。
←サカナクションの文字と記念撮影できます。


学校の先輩なのでアルバムに載ってるかなと期待を込めて開きましたが、さっぱりでした。

[ 鈴ぽん ]
[PR]
# by otabun-otoyotoyo | 2017-03-04 12:20 | 鈴ぽん

文学館のおひなさま

f0151359_23361923.png

今年もお雛さまの季節となりました。3月5日(日)まで古本コーナーで飾っています。

江戸末期の古今雛ですので、古式に則り右がお内裏様で左がお雛様です。
雛めぐり(スタンプラリー)イベントは今年からなくなりましたが、そもそもそれ以前から文学館では飾っていましたので、ま、変わらず今年もお雛さまに会いに来てください。


2月ってやっぱりあと1日あっても良いと思うの。
[ 鈴ぽん ]
[PR]
# by otabun-otoyotoyo | 2017-03-01 12:33 | 鈴ぽん

にゃんさん

なぜ、目の前を歩いている猫は私と帰宅経路が一緒なのだろうか。

どこまで一緒か気になりますが、確実に玄関に向かっていますよね。
うち猫飼ってませんよ。

もう一匹現れましたが、私、家に帰りたいのでそこ通してください。
f0151359_1875733.jpg



[ 鈴ぽん、猫アレルギー ]
[PR]
# by otabun-otoyotoyo | 2017-02-23 12:19 | 鈴ぽん

本箱

f0151359_232959100.jpg

本棚とか木箱とか本籍とか・・・

本箱展です。


すべて聞き流しますが。



[ 鈴ぽん ]
[PR]
# by otabun-otoyotoyo | 2017-02-22 12:18 | 鈴ぽん

安直な発想

雪あかりの路終了後、文学館すぐ横の手宮線部分は、小道やオブジェを崩した雪で通れなくなります。その雪山をあえて登っている人を見て、プチアスレチック手宮線イベントでもやれば良いのにと思いました。ハイ、思っただけです。

[ 鈴ぽん ]
[PR]
# by otabun-otoyotoyo | 2017-02-22 11:53 | 鈴ぽん

宵の明星

f0151359_23444639.jpg

古本コーナーの望遠鏡。
突如現れたこの謎の望遠鏡は、星大好き旭さんが金星を見るために約1ヶ月前から置いているものです。
夜曇るということが多くてなかなか見られなかったのですが、先週土曜、念願の金星を見ることができました!肉眼でも明るく見えるのですが、望遠鏡ではその姿は三日月のように欠けておりました。美しい。

当分置いてそうなので、壊さない程度になら触って良いんじゃないかな。多分。
太陽とか着替えとかは見ちゃだめだよ。

[ 鈴ぽん ]
[PR]
# by otabun-otoyotoyo | 2017-02-21 12:43 | 鈴ぽん

『多喜二の肖像』復活

f0151359_153494.jpg『小林多喜二の肖像』(500円)が久しぶりに再販しました。ずーっと心待ちにしていたので、突然「作ったから来週届く」と聞いた時には驚きましたが、心の中でよしッと呟きました。文アルのおかげもあるかも。多喜二萌ブームで興味を持った方にも手に取っていただきたいと思っていたので良かったな。
折角小樽文学館に来てくれたのだからホクホクとさらに満足して帰ってもらいたいし、小樽遠いよという方は通販でも買えます。

私も文アルしたいのですが、まずは家のPC修理か購入か・・・。それと、絶対ハマってヤバイことになるとわかっているというのも始めていない理由の一つです。


[ 鈴ぽん ]
[PR]
# by otabun-otoyotoyo | 2017-02-18 12:32 | 鈴ぽん

小樽に縁のある人々

f0151359_2484434.jpg

展示室入って左の、通常企画展を開催するスペースが紆余曲折ありガランと空いたので、4月まで小樽文学館の収蔵資料が並んでおります。常設したいものも資料もたくさんあるもんね。初披露じゃないかというものも展示しました。見応え充分です。


[ 鈴ぽん ]
[PR]
# by otabun-otoyotoyo | 2017-02-16 12:01 | 鈴ぽん

雪明りは続くよ、もうちょっと

雪あかりイベントは終わりましたが、伊藤整詩集「雪明りの路」ミニ展示は継続中。
f0151359_2421598.jpg

テーマは伊藤少年の恋バナ。
期間:2017年2月3日(金)~2月26日(日)
場所:文学館展示室、要入館料
休み:月曜日



雪あかりの路・手宮線会場にて。
f0151359_032513.jpg

毎日数字が変わるのかなぁ?と言っているのをよく聞きますが、
そうです、毎日変わってるんですよ。
f0151359_0313361.png

パッと見、わかりませんね。
個人的に2017の「7」のいちごが可愛らしくて好き。
最終日は目から光線出そうな雪だるま登場。
f0151359_056857.jpg


雪あかり日付写真を撮って4年目ですが、過去のを見比べてみると、新しく作り直した数字もありますが結構長持ちなんですね。
そういう文学館は、溶けたワックスボール3年目。


[ 鈴ぽん ]
[PR]
# by otabun-otoyotoyo | 2017-02-15 12:10 | 鈴ぽん

雪あかりの文学館イベント

伊藤整詩集「雪明りの路」ミニ展示
2月3日(金)~2月26日(日)
場所:文学館展示室、要入館料
休み:月曜日、14日(火)
冬のイベント「小樽雪あかりの路」の名称の由来となった伊藤整詩集「雪明りの路」(「あかり」は、イベントは平仮名だけど詩集は漢字ね)。この機会に伊藤整についても知ってほしいです。「サカナクション・山口一郎さんの本箱展」のついででも良いのでちらっと覗いてみてください。


大人の読み聞かせ in 小樽雪あかりの路
2月10日(金) 午後6時15分~6時45分(開場:午後6時)
プログラム:詩「雪夜」(伊藤整詩集「雪明りの路」より)、絵本「雪女」ほか
場所:文学館カフェコーナー、入場無料
主催:小樽文學舎、たるBOOK

雪あかりの古本市
2月11日(土) 午前10時~午後6時
場所:文学館古本コーナー、カフェコーナー
主催:小樽文學舎

夜間開館
2月11日(土)、12日(日)の2日間、小樽文学館と小樽美術館は午後8時まで開館します。
午後5時以降に入館した方にそれぞれ粗品を差し上げます。
ナイトミュージアムをお楽しみください。ただし、展示品は動きません。


[ 鈴ぽん ]
[PR]
# by otabun-otoyotoyo | 2017-02-08 12:11 | 鈴ぽん