小樽文学館 口口 西日珈琲 口口

4月の雪。

f0151359_15504425.jpg


■昼過ぎ、ぼたぼた雪が降った。今日は4月だ。咲き始めた花もちぢこまっている。小樽のボランティアと役所の人たちが、旧手宮線の清掃。毎年この時期。毎年こんな天気。なんでだろう。きっとあれだね。うんそうだ。あれだな。そうゆう風なんだな。


■こないだお雛様を片づけたと思ったら、もう5月人形。早速収蔵庫からだしました。毎年、文学館ボランティアのみんなが飾ってくれます。来週あたりお目見えの予定。


■今月あたりから、ライブやイベントがぼちぼち入ってます。その都度お知らせいたしますが、今月は「あらひろこ カンテレコンサート」です。カンテレとはフィンランドの民族楽器。料金2500円。言っちゃーなんですけど、ウチでやるにしてはちょっと高いですねえ〜。でも春先にちょうどいい音なのでお時間あるかた。かもん。
いや、それにしても高いですねえ・・・オレの財布基準ですけど。。。


■先週からはじまった小林金三画展。グッズで絵葉書を作りました。3枚セット300円。昔の商大、手宮線沿いの民家、踏切。親しみのある水彩・ペン画です。宛名面もオタブンマークが入ってかわいらしい。大量に作りました。ぜひ。


■4月から1階に「結婚相談所」が入った。(建物1階には違う課が入っているのだ)
「結婚相談所ですけれど、カギを貸していただけますか?」とおばちゃん二人。
「若い人っているんですか?」
「あなたたちみたいな若い人が登録してくれたらすぐ結ばれるわよ〜」
ってことは、40代50代がほとんどって事だよなあ。
しかも、結ばれるって…そんな言い方しちゃうの。
おばちゃんたちの紹介で「カップル誕生!そして結婚」って本当にあるんだろうか…
案外すてきな殿方がいて、すんごい幸せになれたりしてー

いや、いやいや、まだおとちゃんやれるよ。
おばちゃんたちに頼らず頑張って生きてまいります。。。
[PR]
# by otabun-otoyotoyo | 2008-04-12 17:28 | otoyotoyo

隠れるな。正々堂々と立っていろ。

こないだの休みにポリスに捕まりました。一時停止無視で。
ついてねえなあ・・・と思いつつ、一旦停車して窓をあける。
「ごぉめぇんねぇ〜急いでたんでしょぉ〜」
このねっとりした低姿勢に毎度のことムカッと来る。(毎度?)
「えーえー急いでますよ。でも違反ですもんね。」
御姫さまみたいに、ドアの開け閉めやってくれるのも非常に腹立たしい。

パトカーに乗り込み免許を見せて書類を記入。
「これなんて読むの?」
「おとよ↓です」
「おとよ↑さん?」
「おとよ↓です」
「めずらしいねえ。おとよ↑さん」
「・・・(おとよ↓だってば!)」
とにかく早くこの手続きを終わらせたかったオレはシャッシャッとサインと捺印を押して、やつらがドアを開ける前に自分で降りたかったので、ロックをあけドアをあけると、
「プップーーーーーーっ!」非常事態です!と言わんばかりの警報。
「!!!(なーに!逃げるわけじゃないもん。もう終わったんだもん!)」
「勝手に開けると鳴るんだよねぇーごぉめぇんねぇ〜」
チッと思いながら、制限スピードオーバーで立ち去りました。
さすがにまた追っかけては来なかったけど。

2点7000円。

痛い、痛いなぁ。
[PR]
# by otabun-otoyotoyo | 2008-04-11 17:33 | otoyotoyo

うぃ、うぃ〜 ・・・ ウェ〜

windows。
窓に「S」がついてるから、ビルみたいもん。か。

今さらなんですけど、今年度からwindowsはじめました。
毛嫌いしていましたが、ツーーーーーっとドラックすれば同じ数字が続いたり、
ターーーーーっとやれば、1、2、3、4・・・って勝手になったりして、
努力型の賢い人みたいで感動です。

車にたとえると、macは外車、windowsは国産車、と聞きました。
見た目キマってる。値段高い。部品も高い。意味不明に壊れたりもする。でも好き。
見た目がんばってるけどイマイチ。値段安い。部品も安い。なのに賢い。だから好き。

プライベートのパソコン「mac使ってる人」「windows使ってる人」
これで、その人がどんな感じの人なのか3ミリくらいわかります。
3ミリ程度の参考ですけど。。。
使うパソコンで人格決められちゃ、ねぇ。


そのうち頭にハードディスクを埋め込んで、

空でキーボード打っちゃうよー

しょえー
[PR]
# by otabun-otoyotoyo | 2008-04-10 17:39 | otoyotoyo

逆光が持つ強さ。

f0151359_12271114.jpgうっかりしてたら4月でした。
(毎度うっかりですが)

文学館ボランティアカードを作成。
モデルはすずぽんです。
[PR]
# by otabun-otoyotoyo | 2008-04-10 12:35 | otoyotoyo

bird そして、今年も。

「チュン チュン」
今日は鳥の声が近い。春の陽気で陽気だなぁ
まるで耳元でさえずっているみたいだなぁ

つかつかと受付にやってきた外国のお客さん。

何やら天井をさしながら、「スイマセン。ア〜・・・bird」

展示室の天井をビュンビュン飛び回ってる一匹のスズメ。
耳元まではいかずとも、やはり近くにいたのか。
夏になると窓を開けるから、間違って入ってくることもあるけれど、この時期にやってくるのはめずらしく、たぶん換気扇の隙間から入ってきたと思われる。
ひさしぶりのハプニングに「わーい、捕獲大作戦だ」とウキウキしていたら、ひとまず開けた窓から、いともあっさりと出ていきやがりました。
全っ然おもしろくない。
もうひと盛り上がり欲しかった。

今までやってきたのは、トリ、コウモリ、イヌ・・・

つぎは何がやってくるんだろう。
[PR]
# by otabun-otoyotoyo | 2008-03-23 17:31 | otoyotoyo

ズビズバ・ビバ!

事務所では風邪が流行っています。
ズビズバ隊の大合唱。
狭い事務所は完全にウイルスに汚染されている。
今日文学館に来た人で夜くらいからズビズバがはじまった人、感染源はここですよー
でも、こればかりは責任を負えません、あしからズビズバー
[PR]
# by otabun-otoyotoyo | 2008-03-22 17:21 | otoyotoyo

いわば サ(3)ニ(2)ィ(1)ーデイ

f0151359_1684729.jpgなんで春分の日が20日なのか?
なんで21日じゃないのー?とブツブツゆっていたら、
大須田先生(事務長)が
「地球の自転のズレがなんちゃら、うるう年があるのはなんちゃら」と、
例の回りくどい、訳のわからぬ説明をしてきたので
「ほきょ?(要はなに?最後だけ知りたい)」
祝日法でネットで調べてみなよ」と結局最後を教えてくれないので調べてみました。

・・・・・・・・・・・・・・

読んでもさっぱりわかりません。

ただ春分の日は、

「自然をたたえ、生物をいつくしむ。」

本当の意味がわかりました。
[PR]
# by otabun-otoyotoyo | 2008-03-20 17:28 | otoyotoyo

彼の瞳にずきゅんときた

風邪で少々いっちゃてるのに、久しぶりにこんなのくらったらイチコロですよ。
春ですね~

あなたも文学館でときめいてみませんか。
[PR]
# by otabun-otoyotoyo | 2008-03-20 12:06 | 鈴ぽん

春のこんな雨の日は。

一日中曇っていて雨がポツポツ降っています。
こんな日はお客さんもこないだろう、なんて思ったら大間違い。
朝から、観光客らしき人たちが結構やって来た。
雨だし〜寒いし〜文学館でもいっとく?みたいな。
いい判断だと思います。デキる観光客ですね。

午後は読み聞かせ(50人くらいきたのさ)
雨がしとしと降る音と、文学館でちょっとうつむいて朗読聞くって
なんだかちょっといいじゃない。

ボランティアの横田さん、本日の道新朝刊にバシっと出てました。
良い写真適切な内容。横田さんを通して文学館の気持ちが伝わっていたんでないかな。
[PR]
# by otabun-otoyotoyo | 2008-03-15 17:03 | otoyotoyo

口角あげて

公共施設はジャンルで言えばサービス業だと思います。
できればにっこり笑顔でいたいのですが…

たとえば、たとえばですよ。
業務でデザインモノを作ったとします。気に入っていただいたとします。
「いいものができました。こんど何か作るときもお願いね」
「いいですけど、うち(文・美)絡みじゃない個人的なモノですから、
当然ギャランティー発生しますよ」というと、
「ん?ニッコリ(なんで?あんた素人でしょうよ)」みたいな顔します。
なぜでしょう、逆にこっちが、
「は?(なんで?あんた素人でしょうよ)ニッコリ」です。

いつ何時もにっこり笑顔でいたいのです。
[PR]
# by otabun-otoyotoyo | 2008-03-12 17:39 | otoyotoyo