小樽文学館 口口 西日珈琲 口口

極寒文学館の冬支度

本日ボイラーの試運転。カツラのボイラーマンと会うのも半年ぶりだ。
うちの暖房は古いスチーム。「カンカンカン」の合図で暖気がやってくる。
すげーあったけーわけではないけれど、ほんのりエコ暖。その分をカバーするために、カフェの窓(鉄枠の古いそれはそれはステキな窓)の隙間にツッペかったり、事務所の窓に使い古しのエアパッキンを貼ったり、チビで痩せてる美術館副館長はなんともかわいらしい膝かけをし、向かいの席の鈴ポンは、(無駄に)ファーのぼんぼりがついた可愛らしい指なし手袋をはめている。ワシは今年もマフラーをぐるぐる巻きにし帽子をかぶって、まるで受付らしからぬ出で立ちでいる。

寒い日の夢は石油王。

大好きな人たちに掛け流しの灯油を贈りたいと思います。
[PR]
# by otabun-otoyotoyo | 2007-10-20 12:47 | otoyotoyo

今は秋

文学館の日記をブログにしました。

どこからでも更新できるし、いいね。
[PR]
# by otabun-otoyotoyo | 2007-10-19 17:23 | otoyotoyo