人気ブログランキング |

小樽文学館 口口 西日珈琲 口口

十代のエスキース

f0151359_21282714.jpg現在開催中の企画展「石原慎太郎『破乱の十代のエスキース』展ー石原慎太郎が青春時代に描いたデッサンと空想画」。ぜひ多くの方に観てほしいです!!この感動を共有したい。
6月30日(日)までですのでお見逃しなく!(展示期間がすごく短いのが何とも言えない。)

※6月25日(火)の講演会「文学とその時代」の予約受付は定員に達したため締切りました。


[ 鈴ぽん ]

# by otabun-otoyotoyo | 2019-06-07 12:37 | 鈴ぽん

蟹工船キーホルダー

f0151359_19125004.png

『蟹工船』木製キーホルダー 1個500円で発売中!

オモテ面のデザインは文庫カバー。オシャレ!
ウラ面は2種類あります。『蟹工船』の冒頭「おい、地獄さ行ぐんだで!」と最後の一文「そして、彼等は、立ち上った。―もう一度!」。
あなたはどちらの文がお好み?それとも両方?

購入は新潮オンラインショップでもできますが、是非とも小樽文学館で!
通信販売otarubun@otarubungakusha.comもできます。



f0151359_22244526.png


カバンに付けてみたら、あら素敵!!

せっかくなので文庫『蟹工船』とあわせてどうですか。
あと、蟹工船Tシャツと蟹工船ペーパークラフトも。
蟹工船尽くしじゃー。



[ 鈴ぽん ]

# by otabun-otoyotoyo | 2019-05-29 12:22 | 鈴ぽん

展覧会を身近に

f0151359_00374398.png
本日、カフェで黙々と何をやっていたかと申しますと、折り紙で葉っぱを折っていました。
小樽美術館の夏の展覧会で使用するんだって。階段吹き抜け部分に展示予定なので、自分の作品(折り紙の葉っぱだけど)が美術館に飾られるのって良い思い出じゃない?皆さま、ご協力よろしくお願いしまーす。

ちなみに、文学館では無料スペースを提供するので、そこで自由に(審査ありだけど)文学展ができますよ。自分が企画した展覧会をやりたくてウズウズしている方チャーンスッ!もちろん文学館内でやりますから、資料もどうぞお使いください。楽しそうでしょ!

[ 鈴ぽん ]

# by otabun-otoyotoyo | 2019-05-19 17:26 | 鈴ぽん

キネマ・ワールド

f0151359_19492941.png
f0151359_19505332.png
↑美味しそう
f0151359_20135040.png


企画展「ちまちまキネマ・ワールド – 高山美香のびっくり映画館」は明日(5/19)までです。

もうね、本当に間近でじっくりと見てほしい。
こだわりと工夫と苦労と映画愛がぎっしりこねこね詰まっております。




[ 鈴ぽん ]

# by otabun-otoyotoyo | 2019-05-18 12:46 | 鈴ぽん

隠れこいのぼり

f0151359_02342407.png
10連休もあと半分。折角働いているのだから、たくさんの人が来てほしいものです。

5月5日(日)は「端午の節句 古本市」ですよー。
時間は午前10時~午後4時、場所は文学館の古本コーナー・カフェコーナーです。スペースの関係上いつもより本の量は少ないかもしれませんが、雪あかりの時のように今回もジーンズショップ LOKKIとcafe chobichaの出店があります。お楽しみに!


右のこいのぼりは文学館のどこかにいるよ。探してみてね♪
思ったよりも小さいかも。
そうだ。探して写真を撮って #otabunこいのぼり で投稿してみよう!ってキャンペーンどうですか。よくこんなのあるじゃん。
景品は特になく、スタッフが喜ぶってだけですけど。


[ 鈴ぽん ]

# by otabun-otoyotoyo | 2019-05-02 12:37 | 鈴ぽん

謹賀新元号

f0151359_15552870.png

HAPPY NEW ERA NAME! …?
祝日ってだけであんまりいつもと変りない。でも穏やかで、みんな楽しそうで良い。
梅も満開。


[ 鈴ぽん ]

# by otabun-otoyotoyo | 2019-05-01 12:38 | 鈴ぽん

平成31年4月30日

f0151359_15524717.png


桜満開。平成最終日。

[ 鈴ぽん ]


# by otabun-otoyotoyo | 2019-04-30 12:37 | 鈴ぽん

ちまちまキネマ・生トーク

f0151359_01210969.png
10連休最終日の5月6日(月)午後2時から、ちまちま人形作家の高山美香さんと今回の展示にご協力いただいた高橋明子さんによる「ちまちまキネマ・生トーク」を企画展会場(要入館料)で行います。仕事や学校へ行きたくないというワードが日本全国飛び交う日でしょうが、お二人の楽しいトークでそんな憂鬱も吹き飛ばしてくれること間違いなしです。


いよいよGW。おたる水族館では10日間チャレンジという面白企画がありますね。10連休毎日水族館に行って指定の場所で写真を撮って応募すると「生涯入館パスポート」贈呈だって。すごー。さすが水族館、ポスターもそうですがインパクト最強。
そういや10日間日付の写真を撮るってどこかで聞いたことがあるような……

f0151359_02232883.jpg
←小樽市総合博物館で撮った軟石のオブジェ「ストーンレガシー」。
左奥はハンマーで叩いて音の違いを確かめるコーナー。
石琴作りたい。

小樽は様々な施設があるので楽しいですよ~。



[ 鈴ぽん、雪あかりで自主的に10日間チャレンジ ]

# by otabun-otoyotoyo | 2019-04-26 17:39 | 鈴ぽん

これも手作り

f0151359_01213485.png
世間の浮かれそわそわ感で気分はなんだか年末。
違うのは仕事があること。

無料展示コーナーの何やら不思議な装置→
ボタンを押したりレバーを下げたりすると…
気になった方はお出かけの候補地として「小樽文学館」!


みなさま、良い令和をお迎えください。

[ 鈴ぽん ]

# by otabun-otoyotoyo | 2019-04-25 12:42 | 鈴ぽん

クギヅケ

f0151359_00171334.png
手塚治虫のマンガが無料で読み放題。
これらは洋食台処「なまらや」のがんこさんこと宮澤英子さんからお借りしたものです。こんなにたくさん、どれから読もう。わくわくしますね。さらに会場には宮澤家の「家宝」も展示しています。みてビックリ、凄いですよ! 気になる方はぜひ文学館へ。ちなみに企画展のチラシのイラストは宮澤さんに描いていただきました~。


4月13日(土)午後6時から黒沢哲哉さん(著作家・編集者)によるギャラリートーク「『ふしぎな少年』と手塚治虫 — テレビとマンガにおけるSF時代の夜明け」を行います。入場無料です。皆さまのお越しをお待ちしております。


[ 鈴ぽん ]

# by otabun-otoyotoyo | 2019-04-10 12:20 | 鈴ぽん