人気ブログランキング |

小樽文学館 口口 西日珈琲 口口

伝統的七夕

f0151359_22454992.png


日差しが強いので木陰へ。



8月7日に七夕を行う地域が多い北海道。子どもたちはお菓子をもらいに行くのかな。
ところで、「伝統的七夕」をご存知ですか? 太陰太陽暦(旧暦)の7月7日に基づいた七夕のことです。毎年その日付が変わりますが、今年はなんと8月7日。おぉ!一緒!

7月7日に七夕だった地域の皆さんも、もう一度七夕を楽しんでみるのはいかがでしょうか。




[ 鈴ぽん ]

# by otabun-otoyotoyo | 2019-08-06 15:50 | 鈴ぽん

涼しさはどこにありますか

暑い。ただそれだけ。
夏は終わってほしくはないけれど、もう少し過ごしやすい気温になってくれませんか。
涼しさを求めて海の写真を探していたら出てきた何時ぞやの「キリン」を唐突ですがご覧ください。
f0151359_12471653.png
夕日に照らされた小樽港港町ふ頭岸壁のガントリークレーンです。
この大きなキリンさん、故障が多発しているみたいですが、早く良くなるといいですね。

小樽は絵になる風景がたくさんありますので、その辺りも注目していただければ小樽の楽しさ倍増ですよ。


[ 鈴ぽん、主食 氷 ]


# by otabun-otoyotoyo | 2019-08-01 12:31 | 鈴ぽん

外は時折雨

f0151359_15453291.png潮まつり、がらす市。賑やか楽しい3日間が始まります!
さて、今日の花火大会はどうでしょう。
雨が止んでも曇りだと厳しいかな。
ねぇ、今から晴れるよ。ってならないかなぁ。

文学館は雨宿りにもちょうど良いですよ。ぜひ!

[ 鈴ぽん ]

# by otabun-otoyotoyo | 2019-07-26 15:03 | 鈴ぽん

ガリ版

f0151359_01151887.png

プロレタリア芸術運動におけるチラシ等で活躍した「ガリ版(謄写版)」。

そんなガリ版印刷が体験できます。
懐かしい?それとも新鮮?


私はわら半紙が懐かしい。


[ 鈴ぽん ]

# by otabun-otoyotoyo | 2019-07-18 12:14 | 鈴ぽん

プロレタリア芸術

f0151359_22003220.png
企画展「いまプロレタリア芸術が面白い!知られざる昭和の大衆文化運動」
会 期:2019年7月6日(土)~8月18日(日)
休館日:月曜日(7月15日、8月12日を除く)、7月16日(火)・17日(水)、8月13日(火)・14日(水)
入館料:一般300円、高校生・市内高齢者150円、中学生以下無料

関連事業として講演会(入場無料)もあります。
講演「駆け抜けていった人・多喜二の後ろ姿」
7月15日(月・祝)13時30分~
講師:伊藤 純さん(プロレタリア文化運動研究者)
場所:小樽文学館1階研修室

プロキノ作品上映と解説「『山本宣治告別式』『第12回 東京メーデー』ほか(全6編)」
7月20日(土)17時30分~
講師:足立 元さん(二松学舎大学)
場所:小樽文学館内フリースペース

講演「再発見! 昭和の大衆文化運動」
8月10日(土)13時30分~
講師:村田裕和さん(北海道教育大学旭川校)
場所:小樽文学館1階研修室


[ 鈴ぽん ]

# by otabun-otoyotoyo | 2019-07-12 12:50 | 鈴ぽん

UVレジン

f0151359_14280532.png
プラバンで作成した可愛いらしいワンちゃんが、レジンを塗ったら一気に渋くなった。
「見ない間にこの犬に一体何が起きたのだ!?」くらいの衝撃です。
まぁ、私が悪いのです。
曇りの日にレジンを塗るもんじゃない。(そりゃそうだ)

でも、曇りの日も紫外線はしっかりと出ていますからね!
お肌が気になるお年頃の方、油断大敵です。


すぐに固まらなかったために滲んでしまいましたが、こちらの犬も可愛い。結果オーライ。

[ 鈴ぽん ]

# by otabun-otoyotoyo | 2019-07-11 12:27 | 鈴ぽん

十代のエスキース

f0151359_21282714.jpg現在開催中の企画展「石原慎太郎『破乱の十代のエスキース』展ー石原慎太郎が青春時代に描いたデッサンと空想画」。ぜひ多くの方に観てほしいです!!この感動を共有したい。
6月30日(日)までですのでお見逃しなく!(展示期間がすごく短いのが何とも言えない。)

※6月25日(火)の講演会「文学とその時代」の予約受付は定員に達したため締切りました。


[ 鈴ぽん ]

# by otabun-otoyotoyo | 2019-06-07 12:37 | 鈴ぽん

蟹工船キーホルダー

f0151359_19125004.png

『蟹工船』木製キーホルダー 1個500円で発売中!

オモテ面のデザインは文庫カバー。オシャレ!
ウラ面は2種類あります。『蟹工船』の冒頭「おい、地獄さ行ぐんだで!」と最後の一文「そして、彼等は、立ち上った。―もう一度!」。
あなたはどちらの文がお好み?それとも両方?

購入は新潮オンラインショップでもできますが、是非とも小樽文学館で!
通信販売otarubun@otarubungakusha.comもできます。



f0151359_22244526.png


カバンに付けてみたら、あら素敵!!

せっかくなので文庫『蟹工船』とあわせてどうですか。
あと、蟹工船Tシャツと蟹工船ペーパークラフトも。
蟹工船尽くしじゃー。



[ 鈴ぽん ]

# by otabun-otoyotoyo | 2019-05-29 12:22 | 鈴ぽん

展覧会を身近に

f0151359_00374398.png
本日、カフェで黙々と何をやっていたかと申しますと、折り紙で葉っぱを折っていました。
小樽美術館の夏の展覧会で使用するんだって。階段吹き抜け部分に展示予定なので、自分の作品(折り紙の葉っぱだけど)が美術館に飾られるのって良い思い出じゃない?皆さま、ご協力よろしくお願いしまーす。

ちなみに、文学館では無料スペースを提供するので、そこで自由に(審査ありだけど)文学展ができますよ。自分が企画した展覧会をやりたくてウズウズしている方チャーンスッ!もちろん文学館内でやりますから、資料もどうぞお使いください。楽しそうでしょ!

[ 鈴ぽん ]

# by otabun-otoyotoyo | 2019-05-19 17:26 | 鈴ぽん

キネマ・ワールド

f0151359_19492941.png
f0151359_19505332.png
↑美味しそう
f0151359_20135040.png


企画展「ちまちまキネマ・ワールド – 高山美香のびっくり映画館」は明日(5/19)までです。

もうね、本当に間近でじっくりと見てほしい。
こだわりと工夫と苦労と映画愛がぎっしりこねこね詰まっております。




[ 鈴ぽん ]

# by otabun-otoyotoyo | 2019-05-18 12:46 | 鈴ぽん