小樽文学館 口口 西日珈琲 口口

そこ、歩くなよ。

雪像と違って、スノーキャンドルはロウソクで雪がとけてしまうので毎日作り直し。
そのキャンドルも雪質、雪の量、作業時間、やる気に応じて日々変わります。

12日(月)紳士・中居さん作「トナカイ」
f0151359_21200113.jpg
ほっとする可愛さ。
この日の雪質はパウダースノーで、スノーキャンドル作りには適していなかったので、バケツに水と雪を入れて素手でこねこね作っておりました。な、泣ける。

それに比べて、15日(木)鈴ぽん作「うさぎ」
f0151359_21185421.jpg
写真だとわかりづらいし、色々と雑なのが目立ちますね。ツッコミどころ満載です。
トトロっぽいと言われたので、本日はこの残骸をトトロへと変身させましたが、クオリティがさらに低すぎてお見せできません。

あと2日。どうしようかな。あー、もっと早い時間から少しずつ作りたいのですが…。スノーキャンドルを置く台として雪山を整えても、ちょっと目を離せば足跡だらけ。
小樽の中心で叫びたい。
「そこ、ドゥ ノット ウォォォォォォォォォク!!!」(Do not walk.)



ここ数日のマイブーム「月のオブジェ」↓これは最終日まで作ろうかな~。
f0151359_22413496.jpg
[ 鈴ぽん ]
喉の調子が悪く、声が変だしマスク姿なのでみんなが疑いの目で見てくるの。
熱もないし、お腹も痛くないし、私はインフルじゃないよ。ただの風邪。

[PR]
# by otabun-otoyotoyo | 2018-02-16 17:17 | 鈴ぽん

フォトが繋ぐ想い

f0151359_20145512.jpg

毎年「雪あかりの路」期間中に、文学館JJ's cafe(入場無料)で展示している「フォトが繋ぐ想い」。今年の展示は2月18日(日)までです。


今回で6回目。
少しずつ、少しずつ、増えていく想い。
あなたの想いも繋がるかもしれない。



[ 鈴ぽん ]

[PR]
# by otabun-otoyotoyo | 2018-02-16 12:58 | 鈴ぽん

本音と建前

f0151359_09481176.png
風邪が蔓延しておりますので、皆さま暖かい格好で予防はしっかりとして雪明りをお楽しみくださいね。

文学館も毎日キャンドル作り頑張っております。ロウソクの灯りと雪の輝きにほっと癒されていただきたい、そんな想いです。
と言いつつも、あと何日あるんだよぉと、がしがしバケツの雪を踏みつけ、スコップで激しく雪を叩きつけながらやっておりますが。

祝日の振替の関係上、13日(火)と14日(水)は文学館休館です。
休まないと風邪で職員全滅の勢いです。


[ 鈴ぽん、懲りずに復活 ]

[PR]
# by otabun-otoyotoyo | 2018-02-12 12:39 | 鈴ぽん

雪あかりの古本市は午後6時まで

f0151359_11542300.jpg
古本市開催中。雪あかりの古本市はいつもより長く午後6時まで!

文学館と美術館は、今日(10日)と明日(11日)、午後7時まで夜間開館しています。雪あかりの路に早く来すぎちゃったわという方もどうぞ。

おかげさまでスタッフ募集は締め切りましたが、また何かの機会がありましたらご応募いただけたらと思います。
ボランティアは引き続き、いやずっと募集中です。

[ 鈴ぽん、色々やらかしたのでおとなしくくたばります ]

[PR]
# by otabun-otoyotoyo | 2018-02-10 12:02 | 鈴ぽん

トイレ美

2階の男性用トイレ。
f0151359_23021020.jpg
唐突に、そしてお食事中の方、申し訳ございません。
でもね、この色合い・配管、美しいじゃないか。芸術作品。小坂秀雄建築の文学館・美術館、こういうところもじっくり見てほしいです。
…この写真は閉館中に撮っていますからね。トイレ撮ってぐへへという趣味も全くありませんからね。色々あって入る状況になり、まぁ素敵!ってなっただけですからネ。念のため。
あと、何度もブログに登場していますが、女性用トイレも素敵なのです。洋式化などでこれらが壊されて残念な形になる前に見ておくのが良いですよ。
その際、入るトイレは正しい方へ!

[ 鈴ぽん ]

[PR]
# by otabun-otoyotoyo | 2018-02-08 12:50 | 鈴ぽん

2月!雪あかり!

まぁーったくスタッフ募集への応募が来る気配がしない。文学館と美術館、楽しいよ。貴重な体験たくさんできるよ。あんな資料やこんな作品と超身近に接する機会があるよ。企画展目白押しだよ。内側から楽しまない?


さて、金曜から雪あかりじゃー。ロウソクも買って準備万端。

【 雪あかりのイベント 】

雪あかりの古本市
日時:2月10日(土)午前10時~午後6時
場所:文学館古本コーナー、カフェコーナー

夜間開館
2月10日(土)と11日(日)は午後7時まで開館。小樽美術館も。

雪あかりのミニ展示「伊藤整と英文学」
期間:~2月18日(日)まで
場所:文学館展示室、要入館料

フォトが繋ぐ想い
期間:2月9日(金)~18日(日)
休館日:2月13日(火)・14日(水)
場所:文学館カフェコーナー、入場無料

大人の読み聞かせ in 小樽雪あかりの路
日時:2月17日(土)午後6時15分~6時45分(午後6時 開場)
場所:文学館カフェコーナー、入場無料
主催:たるBOOK


ついでに宣伝。
雪あかりの路期間中、小樽美術館で図録セールやっちゃいまーす。
今回の目玉は、「パンフレット10種類・総額3,500円」がなんと「300円」!ってやつですな。


[ 鈴ぽん ]

[PR]
# by otabun-otoyotoyo | 2018-02-07 12:02 | 鈴ぽん

募集中

小樽文学館ではボランティアを常に募集しています。
切実な話、来週の「雪あかりの古本市」準備の人手が足りません。2月9日(金)午後5時から文学館で作業を行います。作業は簡単、本を並べるだけ。どなたかお手伝いいただける方いましたら、お願いいたします。

あと、4月から小樽文学館で働きたい方いませんかね?1名募集中なので、意欲のある方は職安へGO!
市外の方でも希望する方いらっしゃるかな?面接に来ることができて、小樽に移住する覚悟があるのならですが。Twitterで呟いたり、文学館へ問い合わせメールotarubun@otarubungakusha.comいただければ、募集を全国対応に変更してもらいますね。ご応募お待ちしております。


[ 鈴ぽん ]

[PR]
# by otabun-otoyotoyo | 2018-02-03 12:14 | 鈴ぽん

文豪マスキングテープ

f0151359_18165024.jpg
「小樽文学館オリジナルマスキングテープ」
消しゴムハンコ(高山美香さん作)の文豪が16人。1個400円です。
完成品を見た瞬間感動。記念グッズとして、とても良いものができました。「文」もいい感じ~。
小樽文学館のお土産に最適ですよ。自分用(使う分)と自分用(保存)とプレゼント用とぉー。遠方から来られた人も荷物の多い人も、かさばらない、重たくない!そしてお土産として渡したらきっと喜ばれる!
もうこれは買うしかない!!!!!!
f0151359_18190030.jpg
時計に貼ってみた。

[ 鈴ぽん ]

[PR]
# by otabun-otoyotoyo | 2018-02-02 12:20 | 鈴ぽん

限定!miniトートバック

f0151359_18062861.jpg

小樽文学館「ミニトートバック(冬)」
限定4袋、1つ 1,500円。
いつも文学館で販売しているトートバックとは違った冬バージョン!
違いはすぐわかると思うのですが、「マル文」がカラフル。文学館スタッフがちくちく手縫いしたフェルトワッペンがついています。このバージョンは写真に写っている4つしかありません。世界に4つ、いやむしろ、糸やフェルトのパターンがすべて違うので世界に1つですな。可愛すぎて私が欲しいのだけど~。
欲しい方はお早めに。多分すぐ売り切れます。

[ 鈴ぽん ]

[PR]
# by otabun-otoyotoyo | 2018-02-02 12:15 | 鈴ぽん

ムーンプリズムパワー

f0151359_02463829.jpg
「スーパーブルーブラッドムーン」と聞いて、月に代わっておしおきよ的なものを思い浮かべてしまいました。でもまぁ皆既月食だったところで「北海道+日本海側+冬=見れる訳がない」し、天気予報でも「無理っす」ってあんなに言っていたので諦めていました。が、奇跡的に澄んだ星空が!あんなに雪が降っていたのに。皆既月食時も神秘的でしたが、皆既月食が終わり出てくる月を見て、月ってこんなに明るかったのだなとあらためて感じた良い夜でした。
新たな数式→「北海道+真冬+外での天体観測=寒気が止まらない」

[ 鈴ぽん、三脚が欲しい ]

[PR]
# by otabun-otoyotoyo | 2018-02-01 12:18 | 鈴ぽん