小樽文学館 口口 西日珈琲 口口

f0151359_02400115.jpg
スタッフ作「竹のベンチ」。
そう、スウェーデン芸術祭のときに色内広場と旧手宮線に突如現れたあの竹のオブジェ、の「竹」。こうして新たにベンチとして生まれ変わりました。力作。
f0151359_03014154.jpg
[ 鈴ぽん ]

[PR]
# by otabun-otoyotoyo | 2018-10-19 09:00 | 鈴ぽん

現代日本文学巡礼

f0151359_02012989.jpg
久米正雄監督作品。改造社が『現代日本文学全集』宣伝のため制作し、各地で上映しました。なかでも芥川龍之介が木登りするシーンは有名ですね。ほかにも武者小路実篤や徳田秋聲・山田順子、佐藤春夫らが出演し、日常生活を垣間見ることができます。芥川龍之介と里見弴が小樽で講演した際にも上映され、若き小林多喜二や伊藤整も観ているんですよね。こんな貴重な映像、なんと企画展「小樽に残した文豪の足跡」会場で全編観られちゃいます。入館料300円で観られるんですよ、お客さん!ということで、企画展は10月28日(日)まで。お見逃しなく。

f0151359_02011570.jpg
企画展「あのころの小樽展・番外編『小樽・まち文化博覧会 商店街・タウン誌・市場・銭湯・アラカルト』」も28日まで!

[ 鈴ぽん ]


[PR]
# by otabun-otoyotoyo | 2018-10-18 12:10 | 鈴ぽん

文豪たるぶん併せ

f0151359_01090413.jpg
10月14日のイベントに集まってくれた文豪さん。みんな良い表情だね。
太宰治、武者小路実篤、坂口安吾、織田作之助、島崎藤村、江戸川乱歩、北原白秋、萩原朔太郎です。
たまたまこの場に居合わせた、全くこのゲームを知らないであろうご婦人やフランス人も写真を撮って楽しんでおられました。とっさの英会話で「ジャパニーズカルチャー」と言ってしまいましたが、合ってますか。

元々文学が好きだったり、文学館に以前から訪れていただいている方も、文アルを通してさらに交流の輪が広がっていくのを見るのが楽しい。時間や想いを共有できる仲間が増えるって人生虹色。
文学館で出会って、文学館で再会するって素敵ですね。人と人を繋ぐ場所でありたい。そして出会ったチャンスを掴んでほしい。


[ 鈴ぽん ]

[PR]
# by otabun-otoyotoyo | 2018-10-16 12:20 | 鈴ぽん

おたる Book Art Week 2018

10月12日よりおたるBook Art Week 2018始まってまーす。
今年はハンズオントーイ キンダーリープ、博信堂書店、Coffee House CHAFF、Jeans Shop LOKKI、あとりゑ・クレール、市立小樽図書館、OTARU NUPURI HOSTEL、なまらや、市立小樽文学館の9か所です。おたる Book Art Weekの期間は10月12日(金)~25日(木)ですが、会場によって開催期間や定休日が異なりますので、行く前に確認はしっかりと。スタンプラリーもやっているので、全て巡って"オリジナル栞セット”をゲットだぜ。各会場で押してもらえるスタンプも個性的でよい。

さて、文学館では「豆本のキコキコ商會展・小樽」「おたる Book Art Weekを彩るフライヤーと作家たち」展を開催しています。ちなみに今年のBookArtのフライヤーデザインはキコキコ商會さんが担当。
f0151359_00361129.jpg
f0151359_01585499.jpg
f0151359_00365412.jpg
歴代のフライヤー原画や各作家の作品を展示しています。
f0151359_00312845.jpg
↑日中と夜とでは印象が違う。熊澤英俊さんの作品。この写真では昼間の方が夕方感がありますね。不思議。
これらの展示を見るだけでしたら入場無料です。一部販売もしています。


今年はやっと小樽図書館もBookArtに参加ですな!展示テーマは「ブックアート~美しき装丁の世界」。表紙や装丁が気になって、その本を手に取ることってありますよね。かと言ってじっくりと見ることはあまりないのでは?こうやって展示でみると、また新たな魅力を発見できます。お持ちの本もアート作品ごろごろかもよ。本には様々な楽しみ方があるのですね。
展示は図書館入ってすぐのスペースにありました。綺麗な表紙からなんだこりゃなものまで様々な本が並んでいます。
f0151359_00291263.jpg

[ 鈴ぽん ]

[PR]
# by otabun-otoyotoyo | 2018-10-14 12:30 | 鈴ぽん

豆本のキコキコ商會展

f0151359_00015354.jpg
JJ's cafeにて「豆本のキコキコ商會展・小樽」開催中。(~10月28日(日)まで。入場無料)
それに関連して、10月13日(土)午後2時からキコキコ商會の珈琲講座を行います。受講料は無料です。末木夫妻の楽しいお話が聞けることでしょう。皆さまのお越しをお待ちしております。
f0151359_00012125.jpg
[ 鈴ぽん ]

[PR]
# by otabun-otoyotoyo | 2018-10-12 12:47 | 鈴ぽん

銭湯

10月10日は「銭湯の日」とのことですが、文学館で展示している!

f0151359_23230729.jpg
タイムリーで銭湯!
企画展「あのころの小樽展・番外編『小樽・まち文化博覧会 商店街・タウン誌・市場・銭湯・アラカルト』」で展示中です。小樽の銭湯は、「京の湯」が9月末で廃業したため、現在8件です。
f0151359_23231793.jpg
銭湯の桶には何か懐かしさを感じさせます。


[ 鈴ぽん ]

[PR]
# by otabun-otoyotoyo | 2018-10-11 12:08 | 鈴ぽん

文豪イラスト

f0151359_02573683.jpg
イラストレーター・ねねさん(鳴虫山書房)に、文豪をイメージしたイラストを描いていただきました。10月28日(日)まで、古本コーナーに展示しています。
見えづらいかもしれませんが、左から北原白秋、小林多喜二、宮沢賢治、中原中也、萩原朔太郎、江戸川乱歩、太宰治、夢野久作、石川啄木の9名です。小樽とは特に関係ない方もいますが、ここは文学館。飾りましょう。
イラストにはよーく見ると各文豪の著作のモチーフが隠れています。あなたはいくつ見つけられますか?なかでも、江戸川乱歩はぎっしり詰まっていますよ。細かいところまでじっくり見てほしいです。ちなみに、太宰は他と趣旨が違いますが、どういうことか気付くと面白い。
余談ですが、ねねさんの「本と虫が好きな本の虫」という自己紹介がグッときました。


さて、小樽ジャーナルさんでも告知していただきましたが、10月14日(日)午後1時頃から小樽文学館にて、有志による「文アルコスプレ会」を行います!
レイヤーさんの受付は締め切ったみたいですが、その様子をご覧になることは可能です。文豪さんと一緒に楽しみましょう。交流を深めたい方、遠くから眺めるだけでいいの、という方も大歓迎。文アルファン発信で、こういったイベントを積極的に企画していただけて有難いです。みんなで盛り上げていきましょう。


[ 鈴ぽん、「宰」ウ冠の下がどうしても「幸」になってしまうの辛い ]

[PR]
# by otabun-otoyotoyo | 2018-10-07 17:02 | 鈴ぽん

新聞1面

f0151359_22015486.png
先日、企画展「小樽に残した文豪の足跡展」について北海道新聞の全道版(夕刊)の1面で取り上げられました!
こんなに大きなスペース、写真付きで目を引きますよね?ね! みんな気になっちゃいますよね?ね!
1面なんて、そうそうあるもんじゃないので感無量。話題性があると判断していただけたんですね。ゲームでも文学を好きになるきっかけの一つとしてあっていいと思う。ときめき大事。記者さんも、取材を受けていただいた方もありがとうございます。
ゲームに興味ない方も、新聞に載ってたからちょっと見てみようと来てくれました。新聞効果素晴らしい。

ところで、文豪とアルケミスト(DMM GAMES)を知らない方は「あー、イケメン出てるゲームだろ、パネル見てキャーキャー言ってすぐ帰るんだろ?」と思われる方もいるでしょう。
いえ、違います。
むしろ、展示をしっかり見ていかれるので滞在時間が長い方が多いです。ゲームにハマった方は、その文豪をもっと知ろうと勉強されているんですよね。ゲームからも多少の知識を得られますし。本を読まない人だったら一生名前の知らない文豪もいたかもしれない。作品を読むのは勿論のこと、全国の文学館や記念館等に行かれる方が多いのは良い傾向ですよね。しかも若い方が!将来的にも良いことです。
文豪パネルに批判的ですっ飛ばしても勿論結構。(「えー、これが多喜二ぃ?全然違うじゃん」そんなんわかってますって。)そんな方でも満足していただけるよう企画しました。でも、それ以上に文アルファンが展示を楽しんで、写真を撮って、複製原稿に感動して、資料を何回も見て、立ち止まって、涙して、語り合って、古本を嬉しそうに持って帰って…そういった姿を多く拝見しました。この企画展をやって良かったと心から思える瞬間です。ありがとうございます。このまま文学を好きでいてね。あ、別にパネル見てキャーキャー言っても良いですからね。スタッフ喜びます。
企画展は10月28日(日)までですが、この機会に小樽文学館へお越しいただければ幸いです。

地震から1ケ月。震度2くらいの地震はまだありますが、小樽付近は普段通りの生活ですよ。来てくださいね。
あの地震(停電)後の会話で多かったのが、冷凍食品食べ過ぎて太ったとか、冷蔵庫のものを片付けるために逆に食事が豪華になったとか聞いて、少しだけ心が和みました。みんな逞しいな。


[ 鈴ぽん ]

[PR]
# by otabun-otoyotoyo | 2018-10-06 17:30 | 鈴ぽん

吉増剛造トークイベント「オタル、髭箆、瀧口さんのこと」

f0151359_21484900.png

明日、10月3日(水)午時6時~午後7時30分、入場料500円です。皆さまのお越しをお待ちしております。


[PR]
# by otabun-otoyotoyo | 2018-10-02 17:30 | 鈴ぽん

むしゃー

f0151359_00525843.jpg





小樽に残した文豪の足跡展、あと1ケ月!

北海道ふっこう割を利用して、小樽にいらっしゃいませんか。お得に北海道を旅するチャンスです。
ところで、何でひらがななんだろう。



白樺派、よく見ると3人います。





[ 鈴ぽん ]

[PR]
# by otabun-otoyotoyo | 2018-09-28 17:37 | 鈴ぽん