小樽文学館 口口 西日珈琲 口口

亀井秀雄の仕事とこれからの文学館

f0151359_22214626.jpg
現在開催中の企画展は、前文学館長・亀井秀雄氏の業績を紹介しています。〈文学館という施設があるからこそ可能となる、市民に喜ばれる催しを〉という言葉に心が熱くなります。連続市民講座ももっとやってほしかったし、もっとお話したかったな。一緒に働いた日々が懐かしいです。


開館40周年記念企画展「亀井秀雄の仕事とこれからの文学館」
2018年6月2日(土)~7月29日(日)
休館日:月曜日(7月16日を除く)、7月17日(火)・18日(水)


6月30日(土)午後2時から、企画展に関連した講演会「亀井秀雄の仕事とこれからの文学館」を行います。
「亀井秀雄先生と小樽文学館」  玉川 薫(小樽文学館長)
「〈文学〉という世界の探究者」 亀井志乃(小樽文学館主幹学芸員)
場所は文学館1階研修室、聴講無料です。ぜひ皆さまお越しください。

[ 鈴ぽん ]

[PR]
by otabun-otoyotoyo | 2018-06-22 17:30 | 鈴ぽん