小樽文学館 口口 西日珈琲 口口

カテゴリ:鈴ぽん( 495 )

どの時間で楽しむ?

f0151359_22484123.jpg
夜の文学館も素敵。
でも、閉館しているし…と思ったあなた!夜間開館しますよッ!
2月9日(土)・10日(日)は午後7時まで開館しています。小樽雪あかりの路の期間中ですね。どちらも楽しんでほしいです。

f0151359_22424093.jpg
2月10日(日)の雪あかりの古本市をお手伝いしてくれる方募集中!
本を並べる作業:2月9日(土)午後6時30分~
当日の受付当番:2月10日(日)午前10時~午後6時のお好きな時間
本の箱詰め作業:2月10日(日)午後6時~
↑この時間のなかで、少しだけど手伝えるよという方や興味のある方、どんなことやるの?等質問のある方は文学館へご連絡ください。メール(otarubun@otarubungakusha.com)。連絡手段のない方は直接来ても良いです。よろしくお願いします。

f0151359_22584551.jpg

そうそう、月みたいな太陽の写真が撮れた→
1月6日の部分日食の様子です。日食グラスを通して見たらこんな感じに。小樽は朝から曇時々雪だったので少々諦めモードだったのですが、奇跡的に晴れ間が!!辛抱強く待った甲斐がありました。喜びもひとしおです。
今年は12月26日にも部分日食があるんですよ~。年に2回も日食が楽しめるなんてラッキーな年ですね。


[ 鈴ぽん ]

by otabun-otoyotoyo | 2019-01-17 12:37 | 鈴ぽん

「いのしし」を使った良いタイトル…

が思いつかないまま2019年となりました。平成31年!
北海道に春が来たなーと感じる頃に次の元号かぁ。さて、次の時代の小樽文学館はどんな感じでしょう。
ある人にとっては非日常を楽しめ、ある人にとっては日常。そんな場所があるって素敵よね。

今年もよろしくお願いします。


[ 鈴ぽん ]

by otabun-otoyotoyo | 2019-01-04 12:37 | 鈴ぽん

今年を振り返って思い浮かぶ言葉は「出会い」。
そしてNo.1出来事といえば、やっぱり文豪展を開催できたこと。2016年の年末から密かに何かできないかなと思っていましたからねぇ。実現できてよかった。ちなみに、2018年の年末は多喜二をイメージした香水を片手にニヤリと企む。
文豪展期間中は、世界各地からそれはそれは多くの方にお越しいただきました。ウズウズが抑えられず、急に話しかけてしまったことも多々ありましたが(すみません)、文豪・文学への愛から今までの体験談まで様々な話を聞くことができました。文豪展が初来道のきっかけという言葉も聞けて嬉しかったです。あの子やあの子、今どうしているかなー。
来館者ノートもじっくりと読ませていただきました。読む度に自然と笑顔に。思わず吹き出してしまったり、所々感動で涙が出たり、傍から見るとこの人やばい状態の時もありましたが。で、読んでいくと「ありがとう」という言葉が多いんですよね。いやいや、こちらの方がお礼をいうべき立場で来ていただけるだけでも感謝なのに、さらにこんな素敵な言葉までいただいて…やっぱり泣く。改めて、ありがとうございました。一つ一つの言葉を大切に心のなかに保存しておきます。
あー楽しかった。

来年もその先も小樽文学館をよろしくお願いします。ホワイトアウトだのブラックアウトだの何かと大変な北海道ですが、そんなことも吹っ飛ぶくらい、小樽文学館に来たらきっといいことあるよ。

ではみなさま、充実した年末年始を。


[ 鈴ぽん ]

by otabun-otoyotoyo | 2018-12-28 17:51 | 鈴ぽん

今年のツリー

f0151359_13074990.jpg

今年のJJ's cafeのクリスマスツリーはいつもと違う。
大きな木が壁にドーン。実際にご覧あれ。
皆さまよいクリスマスを~。


そして、
さらば「12月23日(祝)




[ 鈴ぽん ]


by otabun-otoyotoyo | 2018-12-23 17:31 | 鈴ぽん

あがた森魚ライブ 2018 at 小樽文学館

f0151359_16231179.jpg

2018年にありがとう。
あがたさんにありがとう。


2018年12月14日(金)
開場 18:30  開演 19:00
出演 あがた森魚 川畑統正
前売:3,000円 当日:3,500円

市立小樽文学館 0134-32-2388
前売券を予約された方は、当日受付にてお名前をお伺いしますので、その際にチケットのご清算をお願いいたします。


[ 鈴ぽん ]
←この運河とあがたさんシルエット好き

by otabun-otoyotoyo | 2018-12-12 12:08 | 鈴ぽん

格子のなかに豆本

f0151359_15284575.jpg

なんて今日は暖かいんだ。
でもこのあと雪ですって。絶対身近で風邪引く人いるよね。

JJ's cafeに置いてある豆本→
ぽちぶくろ、おきなわことわざ豆絵本、GARLIC COOK BOOKなど様々な豆本が並んでいます。欲しいけれどこの本たちはお持ち帰りできませんので、カフェでゆっくりお茶しながらお楽しみください。



[ 鈴ぽん ]

by otabun-otoyotoyo | 2018-12-04 17:28 | 鈴ぽん

一気に白い

f0151359_17113936.jpg

忘れていた何かを思い出す。


お久しぶり、雪。
雪が降るって寒い証拠だけれど、
積もってしまうと暖かく感じるのよね。

ただ、中途半端な気温だと雪道滑ってこわい。
皆さんも久しぶりのツルツル路面にはお気をつけください。


[ 鈴ぽん ]

by otabun-otoyotoyo | 2018-11-23 17:26 | 鈴ぽん

祝・開館40周年

f0151359_20245964.jpg
11月3日は市立小樽文学館が開館した日です。おかげさまで、今年で開館40周年を迎えました。


開館40周年記念特別展「歌人・小田觀螢の生涯―開拓期の歴史と共に歩んだ教育者」
会 期:2018年11月3日(土)~2019年1月6日(日)
休館日:月曜日(12月24日を除く)、11月6日(火)・27日(火)、12月25日(火)・26日(水)、12月29日(土)~2019年1月3日(木)


本日より特別展が始まりました。
小田觀螢(おだ・かんけい)は明治19年岩手県生まれ。北海道に移住し、昭和5年1月に短歌結社『新墾(にいはり)』を創刊、『原始林』と並ぶ北海道を代表する歌誌・結社に育てました。また、大正14年~昭和21年まで庁立小樽中学校教員を務め、小樽市内の校歌の作詞を数多くしています。母校の校歌も小田觀螢さんだと最近知りました。

[ 鈴ぽん、開館100周年を見届けるのは厳しいかなぁ… ]

by otabun-otoyotoyo | 2018-11-03 12:50 | 鈴ぽん

文化の日は出かけよう

f0151359_22524138.jpg

怒涛のブログアップで埋もれたからもう一度書きます。

明日11月3日(土)は文化の日 大古本市です!

いつもの倍並べました。
なぜなら、古本保存部屋が大量の本でえらいこっちゃになったから。
ということで、ぜひたくさん買ってください。お願いします。


f0151359_22534943.jpg



旧日本郵船株式会社小樽支店→
11月4日(日)から大規模保存修理工事の実施のため、2022年まで長期休館します。つまりは、明日逃すとしばらく見られない。えらいこっちゃ。
古本市も行かないといけないし、みなさん明日は大忙しですね。

ちなみに、明日は文化の日なので無料で入れます。
文学館も美術館も博物館も無料!!!!!!!!!


天気も良いみたいなので、みんな小樽に出かけよう。



[ 鈴ぽん ]

by otabun-otoyotoyo | 2018-11-02 18:06 | 鈴ぽん

残した足跡

f0151359_18275643.jpg
企画展「小樽に残した文豪の足跡」が終了いたしました。より多くの方に来ていただけるよう展覧会期間を長めに設定しましたが、あっという間に時が過ぎた感じです。

DMM GAMES様にはタイアップという形でご尽力賜り、心より感謝申し上げます。

おかげさまで期間中、全国から多くのお客様にお越しいただきました。「小樽文学館が旅の目的です」「これがきっかけで初めて小樽に来ました」とおっしゃる方が多いことに、驚きと喜びの気持ちが溢れ出て止まりません。このために海外から来館された方もいて「文豪とアルケミスト」の凄さを改めて実感いたしました。

来館された皆さま、楽しんでいただけたでしょうか。
展示をご覧いただきありがとうございました。展示室から感じる雰囲気、お帰りの際の表情、アンケートやノートのお言葉等とても励みになりました。なかには何度も足を運んでいただいた方もいて、そこから新たなご縁もできました。皆さまの心が動き、あしあとが少しでも残っていれば幸いです。

会期前から準備等でご協力いただいた方、忙しいなか壁を作ってくれた方、展覧会を盛り上げようと様々な企画をしていただいた方、コスプレでご利用いただいた方、陰ながら応援してくださった方、多くの方に支えられて無事に最終日を迎えることができました。

本当にありがとうございました。


[ 鈴ぽん、学芸員だけどお司書 ]

by otabun-otoyotoyo | 2018-10-30 12:37 | 鈴ぽん