小樽文学館 口口 西日珈琲 口口

カテゴリ:鈴ぽん( 426 )

2月!雪あかり!

まぁーったくスタッフ募集への応募が来る気配がしない。文学館と美術館、楽しいよ。貴重な体験たくさんできるよ。あんな資料やこんな作品と超身近に接する機会があるよ。企画展目白押しだよ。内側から楽しまない?


さて、金曜から雪あかりじゃー。ロウソクも買って準備万端。

【 雪あかりのイベント 】

雪あかりの古本市
日時:2月10日(土)午前10時~午後6時
場所:文学館古本コーナー、カフェコーナー

夜間開館
2月10日(土)と11日(日)は午後7時まで開館。小樽美術館も。

雪あかりのミニ展示「伊藤整と英文学」
期間:~2月18日(日)まで
場所:文学館展示室、要入館料

フォトが繋ぐ想い
期間:2月9日(金)~18日(日)
休館日:2月13日(火)・14日(水)
場所:文学館カフェコーナー、入場無料

大人の読み聞かせ in 小樽雪あかりの路
日時:2月17日(土)午後6時15分~6時45分(午後6時 開場)
場所:文学館カフェコーナー、入場無料
主催:たるBOOK


ついでに宣伝。
雪あかりの路期間中、小樽美術館で図録セールやっちゃいまーす。
今回の目玉は、「パンフレット10種類・総額3,500円」がなんと「300円」!ってやつですな。


[ 鈴ぽん ]

[PR]
by otabun-otoyotoyo | 2018-02-07 12:02 | 鈴ぽん

募集中

小樽文学館ではボランティアを常に募集しています。
切実な話、来週の「雪あかりの古本市」準備の人手が足りません。2月9日(金)午後5時から文学館で作業を行います。作業は簡単、本を並べるだけ。どなたかお手伝いいただける方いましたら、お願いいたします。

あと、4月から小樽文学館で働きたい方いませんかね?1名募集中なので、意欲のある方は職安へGO!
市外の方でも希望する方いらっしゃるかな?面接に来ることができて、小樽に移住する覚悟があるのならですが。Twitterで呟いたり、文学館へ問い合わせメールotarubun@otarubungakusha.comいただければ、募集を全国対応に変更してもらいますね。ご応募お待ちしております。


[ 鈴ぽん ]

[PR]
by otabun-otoyotoyo | 2018-02-03 12:14 | 鈴ぽん

文豪マスキングテープ

f0151359_18165024.jpg
「小樽文学館オリジナルマスキングテープ」
消しゴムハンコ(高山美香さん作)の文豪が16人。1個400円です。
完成品を見た瞬間感動。記念グッズとして、とても良いものができました。「文」もいい感じ~。
小樽文学館のお土産に最適ですよ。自分用(使う分)と自分用(保存)とプレゼント用とぉー。遠方から来られた人も荷物の多い人も、かさばらない、重たくない!そしてお土産として渡したらきっと喜ばれる!
もうこれは買うしかない!!!!!!
f0151359_18190030.jpg
時計に貼ってみた。

[ 鈴ぽん ]

[PR]
by otabun-otoyotoyo | 2018-02-02 12:20 | 鈴ぽん

限定!miniトートバック

f0151359_18062861.jpg

小樽文学館「ミニトートバック(冬)」
限定4袋、1つ 1,500円。
いつも文学館で販売しているトートバックとは違った冬バージョン!
違いはすぐわかると思うのですが、「マル文」がカラフル。文学館スタッフがちくちく手縫いしたフェルトワッペンがついています。このバージョンは写真に写っている4つしかありません。世界に4つ、いやむしろ、糸やフェルトのパターンがすべて違うので世界に1つですな。可愛すぎて私が欲しいのだけど~。
欲しい方はお早めに。多分すぐ売り切れます。

[ 鈴ぽん ]

[PR]
by otabun-otoyotoyo | 2018-02-02 12:15 | 鈴ぽん

ムーンプリズムパワー

f0151359_02463829.jpg
「スーパーブルーブラッドムーン」と聞いて、月に代わっておしおきよ的なものを思い浮かべてしまいました。でもまぁ皆既月食だったところで「北海道+日本海側+冬=見れる訳がない」し、天気予報でも「無理っす」ってあんなに言っていたので諦めていました。が、奇跡的に澄んだ星空が!あんなに雪が降っていたのに。皆既月食時も神秘的でしたが、皆既月食が終わり出てくる月を見て、月ってこんなに明るかったのだなとあらためて感じた良い夜でした。
新たな数式→「北海道+真冬+外での天体観測=寒気が止まらない」

[ 鈴ぽん、三脚が欲しい ]

[PR]
by otabun-otoyotoyo | 2018-02-01 12:18 | 鈴ぽん

伊藤整と英文学

今年の「小樽雪あかりの路」は記念すべき第20回目ですね。イベントの名称は、伊藤整詩集『雪明りの路』が由来です。今年もイベントにあわせ、というか先駆けて伊藤整のミニ展示開催中。詩集『雪明りの路』と彼が影響を受けた英文学をさくっと紹介しています。これを見てから雪あかりの路を楽しむのも良いし、雪あかりの路のついでに展示を見るのも良いし、セットでよろしくお願いしますだ。
f0151359_00215223.jpg
雪あかりのミニ展示「伊藤整と英文学」
開催期間:2018年1月20日(土)~2月18日(日)
休館日:月曜日(2月12日を除く)、2月13日(火)・14日(水)
場 所:文学館展示室、要入館料



関東で積雪とかマイナス気温とかで大騒ぎですが、北海道ではそれが毎日続いてますよー。夏はその逆パターンですがね。ニュースを見ながらぼーっと、数年に1度のことだろうけど水道管むき出しにしないようにするとか、これから建てる家はちょこっとでも寒冷地仕様の凍結防止策をとるとかすればいいのに、なんて軽く考えていますが…。そうすると夏困るのかなぁ。あとお金も余分にかかるでしょうからね。大変ねぇ。
って余裕ぶっこいてる場合ではなく、小樽も雪かき大変だ。ただし、そんな厄介な雪でも雪あかりにとっては恵みの雪らしいです。

[ 鈴ぽん ]

[PR]
by otabun-otoyotoyo | 2018-01-27 12:07 | 鈴ぽん

充足感

お会いしたいなと思っていた方に、偶然が重なり会うことができました。もっと話したかったけれど、その日は古本部屋の整理もできたし、寒波だ何だと言っていますが、私の心はぽかぽかです。でも、足は冷たいです。
以前からお越しいただいている方、最近興味を持って来られた方、これらから行こうかなと思っている方、皆さま小樽文学館をこれからもよろしくお願いしまーす。

2月1日(木)午前11時30分から文学館JJ's cafeでボランティアの集まりがあるのですが、興味のある方、お気軽にどうぞ!見学だけでも良いですよ。

f0151359_22250133.jpg
写真じゃ全くわかりませんが、1階ギャラリーの壁紙を張り替えました。
様々な方が使われるので穴ぼっこぼこの、壁紙剥がされーので残念なことになっていたのですが、引っ付きたいほど綺麗になりました。真っ白。感動です。今回は自分たちでじっくり吟味し穴が目立たない壁紙を選んだので、きっと利用者も満足いただけるはず。長く使っていくためにも、なるべくワイヤーを使うなどして綺麗に使ってほしいものです。さらに言うと、スポットも効果的に使っていただけると良いのですが。

[ 鈴ぽん、前髪切りすぎた ]


[PR]
by otabun-otoyotoyo | 2018-01-24 12:54 | 鈴ぽん

小樽文学館×ONOE NOTE

f0151359_20244048.jpg
「小樽文学館特製ONOE NOTE
ご注文を受けてから2週間程度で出来上がります。
1冊 10,800円(税込)
お申込みは文学館窓口へ。2月18日まで。
あなたの特別な1冊になること間違いなし。

[ 鈴ぽん ]

[PR]
by otabun-otoyotoyo | 2018-01-20 12:56 | 鈴ぽん

手作り万華鏡

この間テレビでサカナクションのライブ映像が流れていたのと、先ほどお父様をお見かけしたので、そういえば昨年の今頃は喫茶店「メリーゴーランド」の設営で大変だったよなーなんて思い出しました。1年前だけどすごい懐かしい。展覧会期間中は多くのお客様に来ていただいて、嬉しい悲鳴というのはこういうことかと実感いたしました。

f0151359_03140284.jpg
先週土曜日の美術館ワークショップ「雪の結晶の万華鏡」→
実際に見るともっと綺麗なんです。ワークショップ自体は…声が震えようが、段取り間違えようが何とか終わったし、子どもたちも喜んでいたので結果オーライです。

さてさて、ワークショップが終わったのでようやく古本整理ができる!古本コーナーの本棚ガラガラだもんねー。ワークショップ準備等で1ケ月以上放置していたからねー。
そんな状態なので、日々の古本整理をしていただけるボランティアを募集中です。主な仕事内容は、寄付された古本の整理、古本コーナーの本の補充です。 お気軽にどなたでも。切実にお願いします。週に1回でも、ふらっと来て15分でも大歓迎。 少しでも気になった方は、文学館受付にいるスタッフにお声掛けください。

[ 鈴ぽん ]

[PR]
by otabun-otoyotoyo | 2018-01-17 16:25 | 鈴ぽん

返信

普段facebookはあまり開かないので気付くのが遅くなりましたが、小樽図書館のFBを眺めていましたら二度見するような文章が!何だかとても褒められているぞ!? 見間違いじゃないのかと三度読みましたが、やっぱりこのブログのことですよね(汗)大変恐縮です。て、照れる。嬉しすぎてその後10回以上読みました。しばらくはこの文章でどんな困難も乗り越えられそうです。
しかし、むしろ私の方こそ、図書館のみなさんの書く文章ってさすが!読みやすくて優しい文章だし、楽しいなぁ、私もこういう風に書きたいなーなど、FBや広報誌等を見て思っていました。写真もおしゃれだし。あと、こども図書館だより『きっずおたる』の4コマ漫画が大好きでずっと前から毎月楽しみに読んでいます。こんなに面白い4コマを書けるなんて尊敬です。総集編ください。
小樽図書館のHPから見られるので、みなさん見て見て!HP限定で読める、4コマと一緒に書かれている文章も最高ですよ。

[ 鈴ぽん ]
コラボという形にしていただけるかどうかわかりませんが、できたら良いですね。

[PR]
by otabun-otoyotoyo | 2018-01-12 12:32 | 鈴ぽん